のらり 大好評連載中   
 
■新・汽車旅日記~平成ニッポン、いい日々旅立ち
 

第698回:未成線をトコトコと - とことこトレイン -

更新日2019/09/19



錦町駅舎は洋風の三角屋根。春に増改築されたばかりで、新築の木の香りが清々しい。新しい待合室に国鉄時代からの鉄道資料を展示している。土産物販売の棚とガラスのショーケース。しかし店員はいない。呼べば隣の事務室から来てくれるかもしれないけれど、帰りがけでも良いだろう。

錦町は錦川清流線の終点だ。しかし、まだ先がある。線路がない列車「とことこトレイン」だ。建設中止となった鉄道用地を舗装して、タイヤ式の列車を走らせている。終点は雙津峡温泉だ。次の発車は12時30分。なんと約1時間半もある。暑いけれど、駅前を散歩してみようか。まずはとことこトレインの駅を確認。戻って駅舎に入ると、タブレット閉塞機がふたつ並び、その間に胡蝶蘭が咲いている。そういえば、今年は錦川鉄道の開業20周年だ。

01
タブレット閉塞機と胡蝶蘭

少し町歩きをしてみようか。観光案内板に「錦町町ぐるみ博物館」とある。古い街並みと、寺と神社、映画資料館と旧御本陣。権現山に朝霞城趾、それはちょっと遠そうだ。歩き出したけれど、ちょうど道の方向に太陽があり、日陰もなくて暑くて参った。戦後の映画セットのような菓子屋があって、冊子の扉を開ける。ごめんください、と声をかけるとおばちゃんが出てきた。冷蔵ケースからカップ入りの宇治金時を出す。100円でいいよ、と言われた。消費税とか、細かいことは気にしないらしい。本当は108円どころか130円かもしれない。暑さに参って引き返す。

02
錦町の街並み

とことこトレインの乗り場は錦川清流線の線路の延長部にある。鉄道の駅から直接行けず、駅舎を出て坂道を迂回していく。途中に駐車場があって、クルマから出てきた家族連れの後ろをついて行く。軽ワゴン車ほどの機関車の後ろに、トロッコ風の客車が2両連結だ。公式サイトによると、2005年の愛知万博で園内を周回していたグローバル・トラムを譲り受けたそうだ。愛知万博ではトヨタの無人運転バスIMTSとローブウェーに乗った記憶。グローバル・トラムは気になったけれど、日帰りで時間がなくて乗れなかった。そういえばこんな車両だったな。

03
とことこトレインの客車

04
バッテリーカーが牽引する

05
開放的な車両

とことこトレインは2編成あるけれど、今日は1編成だけの運行だという。人手不足である。運転士を募集中とのことだ。発車時刻になると2両編成は満席になった。発車するとすぐトンネルに入る。国鉄赤字ローカル線のうち、国鉄末期に作られた路線は高規格で、トンネルと高架橋を多用し真っ直ぐな線形になる。トンネル掘削技術が進歩したため、土地買収の必要がないトンネルが好まれた。踏切の設置が認められないため高架橋になる。

なにやらガイドさんが説明してくれるけれど、雑音が多くて聞き取りにくい。路面の状態が良くないか、列車の足回りか固いせいか、ガタガタと馬車のように揺れる。しかし、それ以外は快適だ。なによりトンネル内は涼しい。

06
きらら夢トンネル、歩ける

07
きらら夢トンネル停車中

しばらく走ると、トンネルの壁が賑やかになってきた。とことこトレイン名物の「きらら夢トンネル」だ。6色の蛍光石を使ったアート作品で、ブラックライトを当てて光らせる。宇宙、深海、岩国の名物などが描かれている。作品は山口県内の有志。芸術専攻の大学生から小中学生、幼稚園児まで。とことこトレインはアートトンネル内で停車して、ゆっくり見せてくれた。トンネル内の走行中はうまく写真を撮れない。暗くてブレてしまう。停まっていればきれいに撮れる。アート作品は1796メートルのトンネルのうち600メートルにわたる。もしかしたら、これからも新たな参加者を迎えて作品が増えるかもしれない。

トンネルを抜けると高架区間になった。集落があり、川がある。この川は宇佐川といって錦川の支流だ。そして高架区間の途中に作りかけの駅がある。とことこトレインは小さいから、プラットホームの端が目の高さだ。鉄道が計画通り開通したとして、あの集落からこの高さの駅まで階段で上る設計だろうか。三江線の宇都井駅もたいそうな階段だったと言うし、餘部駅も細い坂を上らされた。年寄りにはきついから、乗客は少ないだろう。まるで赤字になるために作ったような路線である。使われなければ、がんばった建設作業員たちが浮かばれない。

08
造りかけのプラットホーム

そのもったいないという気持ちが、建設中止施設の活用につながった。この路線は岩日北線と言って、岩国と山口線の日原駅を結ぶ路線になるはずだった。岩国と日原を結ぶから岩日線。岩国と日本海沿岸の益田を結ぶ、陰陽連絡線を形成するはずだった。線路はなくてもトロッコ列車は運行できる。良いアイデアだ。ただし、運行は山口県内の区間のみ。島根県側もほぼ完成された路盤があると言うけれど、延伸予定はないという。

列車は二つ目のトンネルに入った。こちらに光るアートはない。しかし、トンネルにはコウモリが生息しているという。トンネル内壁に小さな黒い突起があって、ボルトやアンカーの類いかと思ったら、それがコウモリだった。とことこトレインが通り過ぎる間はじっとしている。しかし、トンネル出口をみると、光の中で飛び交うコウモリたちが見えた。

トンネルを出ると地上区間になった。河岸段丘というのか、山際を切り開いたか。民家もある。犬がいる。こちらには興味がなさそうだ。そして桜並木の道になった。開花の頃はピンクのトンネルになるだろう。これは鉄道建設と言うより、とことこトレインのために作られたようだ。観光客をもてなす仕掛けだ。春に再訪したくなった。

09
桜並木を行く

小さなトンネルを二つくぐって、終点の雙津峡温泉に着いた。鉄道ではないから、バスのロータリーのような造りになっている。道路の円の内側に屋根があり、待合室兼乗り場になる。とことこトレインはぐるりと回って停まった。このまま一緒に戻ってはつまらないから、雙津峡温泉へ行こう。シンガーソングライター、オオゼキタクさんから、イノシシ料理を出す店をオススメされている。宇佐川を渡った向こう側だ。トンネルの冷気で引っ込んだ汗が、また、吹き出す。

10
雙津峡温泉はロータリー式

-…つづく



杉山 淳一
(すぎやま・じゅんいち)
著者にメールを送る

1967年生まれ。東京出身。東急電鉄沿線在住。1996年よりフリーライターとしてIT、PCゲーム、Eスポーツ方面で活動。現在はほぼ鉄道専門。Webメディア連載「鉄道ニュース週報(マイナビ)」「週刊鉄道経済(ITmedia)」「この鉄道がすごい(文春オンライン)」「月刊乗り鉄話題(ねとらぼ)」などWebメディアに多数執筆。「鉄旅オブザイヤー」最終選考委員。

<<杉山淳一の著書>>

■連載完了コラム
感性工学的テキスト商品学
~書き言葉のマーケティング
 
[全24回] 
デジタル時事放談
~コンピュータ社会の理想と現実
 
[全15回]

■鉄道ニュース(レポーター)
マイナビニュース
ライフ>> 「鉄道」
発行:マイナビ

 

■著書
『列車ダイヤから鉄道を楽しむ方法: 時刻表からは読めない多種多彩な運行ドラマ!』


列車ダイヤから鉄道を楽しむ方法
杉山淳一 著


『ぼくは乗り鉄、おでかけ日和。』 ~日本全国列車旅、達人のとっておき33選~』

ぼくは乗り鉄、おでかけ日和
杉山淳一 著


『みんなのA列車で行こうPC 公式ガイドブック (LOGiN BOOKS)』

みんなのA列車で行こうPC 公式ガイドブック
杉山淳一 著


バックナンバー

第1回~第50回まで
第51回~第100回まで
第101回~第150回まで
第151回~第200回まで
第201回~第250回まで
第251回~第300回まで
第301回~第350回まで
第351回~第400回まで
第401回~第450回まで
第451回~第500回まで
第501回~第550回まで
第551回~第600回まで
第601回~第650回まで

第651回:神話の里、ふたたび
- JAL285便 羽田~出雲 -

第652回:再訪は夏の景色
- 木次線 宍道駅~木次駅 -

第653回:満腹トロッコライン
- 奥出雲おろち号 1 -

第654回:木次線完走
- 奥出雲おろち号 2 -

第655回:乗り継ぎ遭難
- 芸備線 備後落合駅 -

第656回:谷間を東進
- 芸備線 備後落合~新見-

第657回:長距離鈍行と鬼伝説
- 伯備線・山陰本線 新見~西出雲 -
第658回:社殿駅の市民市場
- 一畑電車・大社駅 -

第659回:お上りさんが京を行く
-京都市営地下鉄東西線 六地蔵~御陵 -

第660回:スプリンクラーと併用軌道
- 京阪電鉄京津線 御陵~浜大津 -
第661回:石山寺ハイキング
- 京阪電鉄石山坂本線 浜大津駅~石山寺駅 -

第662回:隙間から琵琶湖
- 京阪電鉄石山坂本線 浜大津駅~坂本駅 -

第663回:婆さん、邪魔
- 坂本ケーブル-

第664回:比叡山横断
- 延暦寺~叡山ロープウェイ -

第665回:叡山と比叡山
- 叡山ケーブル-

第666回:長い寄り道の終わり
- 叡山電鉄叡山本線 八瀬比叡山口駅~出町柳 -

第667回:重い気分を軽くして
- 山陰本線・木次線 宍道~木次~出雲市~玉造温泉 -

第668回:レールとススキが光る道
- 芸備線 備後落合~三次 -

第669回:夜も閑散区間
- 芸備線 三次~備中神代~新見 -

第670回:朝の盆地
- 姫新線 新見~中国勝山 -

第671回:キリタロー、バイオマス、扇形機関庫
-姫新線 中国勝山~津山-

第672回:亀甲と美女
- 津山線 津山~岡山 -

第673回:川に沿い、山裾をなでる
- 姫新線 津山~佐用 -
第674回:智頭線の地図
- 智頭急行 佐用~智頭 -

第675回:3件目のスーパー
- 智頭急行 智頭~上郡 -
第676回:もうちょっと頑張ろうか
- 赤穂線 -

第677回:付け替え区間の旅
- 吾妻線 -

第678回:各駅停車で北上
- 東北本線 上野~仙台 -

第679回:短い新路線
- 仙石線・東北本線接続線 -

第680回:内陸移設区間
- 仙石線 高城町駅~石巻駅 -
第681回:復興の街
- 石巻線 石巻~女川 -

第682回:六丁の目のナゾ
- 仙台市営地下鉄東西線 仙台~荒井 -

第683回:日本一高い地下鉄駅
- 仙台市地下鉄東西線 仙台駅~八木山動物公園駅 -

第684回:地下鉄地上区間と駅前散歩
- 仙台市営地下鉄南北線 富沢~泉中央 -

第685回:新しいベルトと幸せな時間
- 東北本線 仙台~黒磯 -

第686回:電飾のオーケストラ
- 烏山線 宝積寺駅 -

第687回:七福神の道
- 烏山線 -

第688回:蕨岱駅の最期
- 函館本線 蕨岱駅・長万部駅 -

第689回:北斗星の迂回路
- 函館本線 長万部~小樽 -

第690回:ブルーシート & レッドジャケット
- 小樽駅・小樽築港駅 -

第691回:環状線完乗
- 札幌市交通局東西線・市内線・東豊線 -
第692回:ホルモン屋で聞く汽笛
- 秩父鉄道 -

第693回:直通電車とS-TRAIN
- 西武鉄道・秩父鉄道短絡線 -

第694回:沿線文化圏をまたがる
- S-TRAIN -

第695回:ダイレクトパッケージ
- ANA 631便 -

第696回:岩国から新岩国へ
- 錦川鉄道 岩国~清流新岩国 -
第697回:錦の色の川に沿う
- 錦川鉄道 清流新岩国~錦町 -



■更新予定日:毎週木曜日



  TOP-トップページ》 《コラム一覧 》 《のらりインタビュー》 《コラム・バックナンバー
……………………………………現在連載コラム……………………………………
新・汽車旅日記 】 【店主の分け前 】 【イビサ物語
 【亜米利加よもやま通信 】 【ギュスターヴ・ドレとの対話 】 【よりみち
………………………………掲載完了イチオシコラム………………………………
[拳銃家業 ] [貿易風の吹く島から ] [ くらり、スペイン ] [グレートプレーンズのそよ風 ]  
  [フロンティア時代のアンチヒーローたち ]

    

このサイトに関するご意見・ご感想・お問い合わせはこちらまで。
Copyrights 2019 Norari