のらり 大好評連載中   
 
■新・汽車旅日記~平成ニッポン、いい日々旅立ち
 

第676回:もうちょっと頑張ろうか - 赤穂線 -

更新日2018/12/20



スーパーはくと10号は6分遅れで上郡に着いた。このまま京都まで乗っていきたいという気持ちをグッと堪える。もう一つ、立ち寄りたい路線がある。赤穂線だ。1985年の春に東岡山から西片上まで乗った。西片上から相生までが未乗である。ここだけ残しておきたくないから、この機会に乗っておきたい。もうちょっと頑張ろう。

上郡から山陽本線上り電車に乗る。乗り継ぎ時間は5分で、スーパーはくと10号が6分遅れ。間に合わないと思ったら、相手も到着していなかった。岡山方面に黄色い電車が待機中。スーパーはくと10号も山陽本線上りも同じ1番線を使うため、駅の手前で信号停車していた。反対側、下り電車もスーパーはくと10号の到着を待って発車するようだ。岡山方面へ向かう乗り継ぎ客への配慮である。しっかり考えられているんだな、と思うけれども、もともと山陽本線の運行本数が少なくて、次の電車まで待たせるわけにはいかない。日中の相生方面は30分おき、岡山方面は1時間おきである。大動脈であるはずの山陽本線も、このあたりはローカル線だ。

01
山陽本線閑散区間、3両編成の旧型電車

上郡から山陽本線の相生行きに乗り継ぐ人は多い。スーパーはくと10号が相生に停まらないからだ。2駅だけ進んで相生着。この電車の終点である。スーハーはくと10号の接続を待ったため、16時22分着。赤穂線の播州赤穂行きは16時23分発。駅の案内放送に急かされて、小走りの集団が移動する。次の電車は40分後だから、あきらめる人は少ない。幸いにも同じホームに電車が待っていた。乗り込んで安堵する間もなくドアが閉まる。

02
相生からの赤穂線は都会を走る最新型

山陽本線ローカル各駅停車は国鉄時代からの115系3両編成、黄色一色だった。赤穂線の播州赤穂行きは銀色の223系電車で4両編成、銀色の車体に白、茶、青の細い帯を巻く。格段に新しい車両だ。赤穂線の相生~播州赤穂間は大阪近郊区間の範囲内で、京阪神から直通する新快速もある。都会の電車が乗り入れるというわけだ。座席の居心地も良さそうだけど、乗り込んだ時はすでに満席。いつものように運転台の側に立つ。

03
単線の赤穂線へ進む

赤穂線は山陽本線の相生駅から分岐し、忠臣蔵で知られる赤穂を経由し、山陽本線の東岡山で合流する。山陽本線の南側、海寄りのルートだ。山陽本線は直行ながら勾配が大きかったため、平坦な迂回ルートとして赤穂線が建設された。路線延長は57.4kmだ。

04
夕暮れが迫っている

播州赤穂は相生から三つめの駅。ここまでの風景はトンネル、住宅地、トンネルだ。蒸気機関車の頃に長いトンネルを作っている。煙に困らないのかと思うけれど、あるとき蒸気機関車の運転士さんと話していたら、煙は機関車の後ろに流れていくから、運転席は煙くないという。ああ、それもそうだなと思った。困るのは機関車の後ろ、乗客である。もっとも、赤穂線は重量貨物の迂回路という役割が大きかったろうし、煙で文句を言いそうな特急の客は山陽本線のほうだろう。単線のトンネルなら、次の列車が来る頃までに煙も落ち着くかもしれない。

05
播磨五川のひとつ千種川

播州赤穂着16時34分。ここからまた黄色い電車に乗り換える。冬の日差しが力つきようとしていた。未乗区間が終わる西片上まで、なんとか景色を眺めたい。祈りにも似た気持ちになる。特に日生駅付近は明るいままでいてほしい。地図を眺めると、赤穂線は山陽本線より海に近いとはいえ、海岸とは離れている。日生駅付近だけが海を眺められそうだ。

06
播州赤穂駅、都会電車と田舎電車の境界駅

播州赤穂駅を出発すると市街地、工場街、運河を渡って天和駅。麻雀好きなら縁起がいいと喜びそうな駅名だ。ここから畑が増えている。トンネルを通る度に景色が暗くなっていく。寒河駅を出て、次が日生駅だ。海側の車窓に注目する。海が現れた。瀬戸内の海は水平線が少ない。海の向こう正面は鹿久居島。かくいじまと読むらしい。

07
日生駅の手前で、海

日生駅を出ると海から離れ、車窓の両側が山になる。海に近いけど山がある。地形が複雑で浜がない。稜線が夕焼けの赤に縁取られた。空は明るく、地上は暗い。伊里駅、備前片上駅、そして西片上駅。かろうじて建物の輪郭がわかる明るさで未乗区間を走破した。ここから先の景色も見たくなる。しかし目的は達したから満足だ。

08
日生駅。にっせい、ではなく、ひなせ、と読む
日生諸島を結ぶ船が出る町だ

1985年の春、岡山から赤穂線に乗り、西片上駅で下りて引き返した。その理由は、西片上駅付近から片上鉄道が出ていたからだ。片上鉄道は中国山地の柵原(やなはら)鉱山から採掘された鉄鉱石を片上の港まで輸送するために作られた。親会社は同和鉱業だ。片上駅は西片上駅の南側にあり、列車は赤穂線、山陽本線をまたいで北上した。今となっては景色もルートも思い出せないけれど、おそらく吉井川に沿っていた。客車列車に乗った記憶がある。青春18きっぷで国鉄ばかり乗っていた私が、なぜここだけは地方私鉄に乗ったか。きっと当時から廃止の噂があったらしい。

09
空だけが明るい、井戸の底のような景色

片上鉄道の廃止後、愛好家有志によって車両や施設の一部が保存されている。柵原ふれあい鉱山公園には旧吉ヶ原駅舎と400mの線路があって、毎月1回の展示運転も行われる。片上鉄道の会社名で、車両からトンネルへ映像を投入する装置を開発販売していた。現在は鉄道グッズやLED施工を生業としているようだ。社員の方にお名刺を頂戴したことがある。いずれ、記憶を呼び覚ますために行ってみたい。

西片上から先は暗くなってしまったけれど、片上鉄道再訪問のお楽しみの一つとする。今日はこのまま列車に乗って、岡山で青春18きっぷの旅を終え、新幹線で東京に帰る。中国山地の鉄道路線のうち、岡山、鳥取の東側が終わった。

10
岡山駅はクリスマスイルミネーションで彩られていた


第676回の行程地図


2016年12月10~11日の新規乗車線区
JR:171.7Km
私鉄: 56.1Km

累計乗車線区(達成率)
JR(JNR):21,365.4Km (93.91%)
私鉄: 6,369.1Km (91.71%)

 

 

 

このコラムの感想を書く

 


杉山 淳一
(すぎやま・じゅんいち)
著者にメールを送る

1967年生まれ。東京出身。東急電鉄沿線在住。1996年よりフリーライターとしてIT、PCゲーム、Eスポーツ方面で活動。現在はほぼ鉄道専門。月刊文藝春秋「乗り鉄うまい旅」連載。「鉄旅オブザイヤー」最終選考委員。

<<杉山淳一の著書>>

■連載完了コラム
感性工学的テキスト商品学
~書き言葉のマーケティング
 
[全24回] 
デジタル時事放談
~コンピュータ社会の理想と現実
 
[全15回]

■鉄道ニュース(レポーター)
マイナビニュース
ライフ>> 「鉄道」
発行:マイナビ

 

■著書
『列車ダイヤから鉄道を楽しむ方法: 時刻表からは読めない多種多彩な運行ドラマ!』


列車ダイヤから鉄道を楽しむ方法
杉山淳一 著


『ぼくは乗り鉄、おでかけ日和。』 ~日本全国列車旅、達人のとっておき33選~』

ぼくは乗り鉄、おでかけ日和
杉山淳一 著


『みんなのA列車で行こうPC 公式ガイドブック (LOGiN BOOKS)』

みんなのA列車で行こうPC 公式ガイドブック
杉山淳一 著


バックナンバー

第1回~第50回まで
第51回~第100回まで
第101回~第150回まで
第151回~第200回まで
第201回~第250回まで
第251回~第300回まで
第301回~第350回まで
第351回~第400回まで
第401回~第450回まで
第451回~第500回まで
第501回~第550回まで
第551回~第600回まで
第601回~第650回まで

第651回:神話の里、ふたたび
- JAL285便 羽田~出雲 -

第652回:再訪は夏の景色
- 木次線 宍道駅~木次駅 -

第653回:満腹トロッコライン
- 奥出雲おろち号 1 -

第654回:木次線完走
- 奥出雲おろち号 2 -

第655回:乗り継ぎ遭難
- 芸備線 備後落合駅 -

第656回:谷間を東進
- 芸備線 備後落合~新見-

第657回:長距離鈍行と鬼伝説
- 伯備線・山陰本線 新見~西出雲 -
第658回:社殿駅の市民市場
- 一畑電車・大社駅 -

第659回:お上りさんが京を行く
-京都市営地下鉄東西線 六地蔵~御陵 -

第660回:スプリンクラーと併用軌道
- 京阪電鉄京津線 御陵~浜大津 -
第661回:石山寺ハイキング
- 京阪電鉄石山坂本線 浜大津駅~石山寺駅 -

第662回:隙間から琵琶湖
- 京阪電鉄石山坂本線 浜大津駅~坂本駅 -

第663回:婆さん、邪魔
- 坂本ケーブル-

第664回:比叡山横断
- 延暦寺~叡山ロープウェイ -

第665回:叡山と比叡山
- 叡山ケーブル-

第666回:長い寄り道の終わり
- 叡山電鉄叡山本線 八瀬比叡山口駅~出町柳 -

第667回:重い気分を軽くして
- 山陰本線・木次線 宍道~木次~出雲市~玉造温泉 -

第668回:レールとススキが光る道
- 芸備線 備後落合~三次 -

第669回:夜も閑散区間
- 芸備線 三次~備中神代~新見 -

第670回:朝の盆地
- 姫新線 新見~中国勝山 -

第671回:キリタロー、バイオマス、扇形機関庫
-姫新線 中国勝山~津山-

第672回:亀甲と美女
- 津山線 津山~岡山 -

第673回:川に沿い、山裾をなでる
- 姫新線 津山~佐用 -
第674回:智頭線の地図
- 智頭急行 佐用~智頭 -

第675回:3件目のスーパー
- 智頭急行 智頭~上郡 -


■更新予定日:毎週木曜日



  TOP-トップページ》 《コラム一覧 》 《のらりインタビュー》 《コラム・バックナンバー
……………………………………現在連載コラム……………………………………
新・汽車旅日記 】 【店主の分け前 】 【イビサ物語
 【亜米利加よもやま通信 】 【ギュスターヴ・ドレとの対話 】 【よりみち
………………………………掲載完了イチオシコラム………………………………
[拳銃家業 ] [貿易風の吹く島から ] [ くらり、スペイン ] [グレートプレーンズのそよ風 ]  
  [フロンティア時代のアンチヒーローたち ]

     

このサイトに関するご意見・ご感想・お問い合わせはこちらまで。
Copyrights 2019 Norari