のらり 大好評連載中   
 
■店主の分け前~バーマンの心にうつりゆくよしなしごと

第346回:流行り歌に寄せて No.151「恍惚のブルース」~昭和41年(1966年)

更新日2018/03/01


3回連続のハマクラ先生の曲です。
今回は他の曲をご紹介しようとしていたが、昭和41年の『第17回NHK紅白歌合戦』の出場リストを見ていて、取り上げたい曲が残っていたので、記していきたいと思う。発売順が前後することをご容赦いただきたい。

こうやって曲をご紹介していく中で、レコードが売り出された当時、よく聴いた曲と、当初はおぼろげにタイトルくらいは知っていたものの、それよりもかなり時間が経ってから聴き出した曲というのがある。この『恍惚のブルース』は、私にとって後者の好例である。

私が小学5年生になって間もなくの、6月21日の発売なのだから、この曲を熱心に聴いていたとすると、かなりませていたことになるが、残念ながらボンヤリとした子どもだったため、まったく関心がなかった。


「恍惚のブルース」 川内康範:作詞 浜口庫之助:作曲 寺岡真三:編曲 青江三奈:歌
 

1.
女の命は 恋だから

恋におぼれて 流されて

死ぬほどたのしい 夢を見た

あとはおぼろ あとはおぼろ

ああ 今宵また しのびよる

恍惚のブルースよ


2.
あたしをこんなに したあなた

ブルーシルクの 雨が降り

こころがしっとり 濡れていた

あとはおぼろ あとはおぼろ

ああ 今宵また しのびなく

恍惚のブルースよ


3.
あなたがこんなに したわたし

ブルーパールの 霧が降り

あたしは貝に なっていた

あとはおぼろ あとはおぼろ

ああ 今宵また すすり泣く

恍惚のブルースよ



曲作りが、まさに錚々(そうそう)たる方々である。川内康範、ハマクラ先生の大御所コンビ。そして編曲家の寺岡真三は、この曲から続く青江三奈の作品、フランク永井『君恋し』『夜霧の第二国道』、荒木一郎『いとしのマックス』、アン真理子『悲しみは駆け足でやってくる』など、まるでドラマがそこに見えてくるような曲の編み方のできる名手である。

クラブ歌手で鍛え、25歳(但し、プロフィールでは4歳若い21歳となっていた)という当時として少し遅咲きの青江三奈を、本気で売り出そうとするビクターレコードの姿勢が伺える。

さて、この曲を印象付ける“恍惚”と“(あとは)おぼろ”を手元の広辞苑で調べてみる。“恍惚”は「物事に心を奪われて、うっとりとするさま」「ぼんやりしてはっきりしないさま」とあり、“おぼろ=朧”は「はっきりしないさま、ほのかなさま、薄く曇るさま、ぼんやり、ほんのり、朦朧」とあり、「春の季語」としてある。

いずれも、実に意味深な響きを持つ言葉である。その間の歌詞“今宵また”しのび寄ったり、しのび泣いたり、すすり泣いたりするわけだから、これはかなり艶っぽいことになってくるのである。それを青江三奈は、妖しい色気だけではなく、ある種の哀しみを伴って歌っていく。お色気歌手と実に乱暴な括り方をした人たちも少なくなかったが、彼女には情感を歌い上げる力がしっかりと備わっていた。だから、今現在聴いてみても、驚くほどこちらにその歌心が伝わってくる。

もともと『恍惚』は、川内康範が週刊新潮に連載していた長編小説のタイトルであり、その作中のヒロインである歌手の名前が「青江三奈」であったという。本名・井原静子が芸名として青江三奈という名を貰い『恍惚のブルース』という曲でデビューする。今ではドラマでしか描けない世界が、当時は実際にあったのである。
彼女のデビュー曲として意識したためなのか「ブルーシルク」「ブルーパール」など、青を使った言葉が出てくる。ここらへんは、あるいは川内康範の遊び心か。

この曲で、青江三奈は本格デビュー1年目でいきなりNHK紅白歌合戦に出場するという幸運を掴んだ。次の年は機会を逃したが、翌々年から16年間連続出場という輝かしい記録を持っている。彼女が真の実力の持ち主であることの証である。

それから7年のブランクがあったが、平成2年、その年12月に亡くなったハマクラ先生を偲んで『恍惚のブルース』を24年ぶりに紅白で披露している。そしてそれが、彼女の生涯最後の紅白出場となった。

-…つづく

 

 

第347回:流行り歌に寄せて No.152「哀愁の夜」~昭和41年(1966年)


このコラムの感想を書く

 

 

 


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


金井 和宏
(かない・かずひろ)
著者にメールを送る

1956年、長野県生まれ。74年愛知県の高校卒業後、上京。
99年4月のスコットランド旅行がきっかけとなり、同 年11月から、自由が丘でスコッチ・モルト・ウイスキーが中心の店「BAR Lismore
」を営んでいる。
Lis. master's voice


バックナンバー

第1回:I'm a “Barman”~
第50回:遠くへ行きたい
までのバックナンバー

第51回:お国言葉について ~
第100回:フラワー・オブ・スコットランドを聴いたことがありますか
までのバックナンバー

第101回:小田実さんを偲ぶ~
第150回:私の蘇格蘭紀行(11)
までのバックナンバー


第151回:私の蘇格蘭紀行(12)
第200回:流行り歌に寄せてNo.12
までのバックナンバー


第201回:流行り歌に寄せてNo.13
第250回:流行り歌に寄せて No.60
までのバックナンバー


第251回:流行り歌に寄せて No.61
第300回:流行り歌に寄せて No.105
までのバックナンバー



第301回:流行り歌に寄せて No.106
「新妻に捧げる歌」~昭和39年(1964年)

第304回:流行り歌に寄せて No.109
「お座敷小唄」~昭和39年(1964年)

第305回:流行り歌に寄せて No.110
「愛と死をみつめて」~昭和39年(1964年)

第306回:流行り歌に寄せて No.111
「夜明けのうた」~昭和39年(1964年)

第307回:流行り歌に寄せて No.112
番外篇「東京オリンピック開会式」~昭和39年(1964年)

第308回:流行り歌に寄せて No.113
「花と竜」~昭和39年(1964年)

第309回:流行り歌に寄せて No.114
「涙を抱いた渡り鳥」~昭和39年(1964年)

第310回:流行り歌に寄せて No.115
「柔」~昭和39年(1964年)

第311回:流行り歌に寄せて No.116
「まつのき小唄」~昭和39年(1964年)

第312回:流行り歌に寄せて No.117
「女心の唄」 ~昭和39年(1964年)

第313回:流行り歌に寄せて No.118
「若い涙」 ~昭和39年(1964年)

第314回:流行り歌に寄せて No.119
「網走番外地」~昭和40年(1965年)

第315回:流行り歌に寄せて No.120
「夏の日の想い出」~昭和40年(1965年)

第316回:流行り歌に寄せて No.121
「さよならはダンスの後に」~昭和40年(1965年)

第317回:流行り歌に寄せて No.122
「愛して愛して愛しちゃったのよ」~昭和40年(1965年)

第318回:流行り歌に寄せて No.123
「新聞少年」~昭和40年(1965年)

第319回:流行り歌に寄せて No.124
「二人の世界」~ 昭和40年(1965年)

第320回:流行り歌に寄せて No.125
「東京流れ者」~昭和40年(1965年)

第321回:流行り歌に寄せて No.126
「下町育ち」~昭和40年(1965年)

第322回:流行り歌に寄せて No.127
「高原のお嬢さん」~昭和40年(1965年)

第323回:流行り歌に寄せて No.128
「赤坂の夜は更けて」「女の意地」~昭和40年(1965年)

第324回:流行り歌に寄せて No.129
「知りたくないの」~昭和40年(1965年)

第325回:流行り歌に寄せて No.130
「唐獅子牡丹」~昭和40年(1965年)

第326回:流行り歌に寄せて No.131
「涙の連絡船」~昭和40年(1965年)

第327回:流行り歌に寄せて No.132
「君といつまでも」~昭和40年(1965年)

第328回:流行り歌に寄せて No.133
「函館の女」~昭和40年(1965年)

第329回:流行り歌に寄せて No.134
「逢いたくて逢いたくて」~昭和41年(1966年)
第330回:流行り歌に寄せて No.135
「雨の中の二人」~昭和41年(1966年)

第331回:流行り歌に寄せて No.136
「骨まで愛して」~昭和41年(1966年)

第332回:流行り歌に寄せて No.137
「星影のワルツ」~昭和41年(1966年)

第333回:流行り歌に寄せて No.138
「ほんきかしら」~昭和41年(1966年)

第334回:流行り歌に寄せて No.139
「バラが咲いた」~昭和41年(1966年)

第335回:流行り歌に寄せて No.140
「若者たち」~昭和41年(1966年)

第336回:流行り歌に寄せて No.141
「銭形平次」~昭和41年(1966年)

第337回:流行り歌に寄せて No.142
「悲しい酒」~昭和41年(1966年)

第338回:流行り歌に寄せて No.143
「空に星があるように」~昭和41年(1966年)

第339回:流行り歌に寄せて No.144
「星のフラメンコ」~昭和41年(1966年)

第340回:流行り歌に寄せてNo.145
「こまっちゃうナ」~昭和41年(1966年)
第341回:流行り歌に寄せて No.146
「女のためいき」~昭和41年(1966年)

第342回:流行り歌に寄せて No.147
「夢は夜ひらく」~昭和41年(1966年)

第343回:流行り歌に寄せて No.148
「勇気あるもの」~昭和41年(1966年)

第344回:流行り歌に寄せて No.149
「夕陽が泣いている」~昭和41年(1966年)

第345回:流行り歌に寄せて No.150
「涙くんさよなら」~昭和41年(1966年)


■更新予定日:隔週木曜日



  TOP-トップページ》 《コラム一覧 》 《のらりインタビュー》 《コラム・バックナンバー
……………………………………現在連載コラム……………………………………
新・汽車旅日記 】 【店主の分け前 】 【イビサ物語
 【亜米利加よもやま通信 】 【ひとつひとつの確かさ 】 【よりみち
………………………………掲載完了イチオシコラム………………………………
[拳銃家業 ] [貿易風の吹く島から ] [ くらり、スペイン ] [グレートプレーンズのそよ風 ]  
  [フロンティア時代のアンチヒーローたち ]

   

このサイトに関するご意見・ご感想・お問い合わせはこちらまで。
Copyrights 2018 Norari