のらり 大好評連載中   
 
■店主の分け前~バーマンの心にうつりゆくよしなしごと

第341回:流行り歌に寄せて No.146 「女のためいき」~昭和41年(1966年)

更新日2017/12/07



最近のテレビを観ていると、番組の改編時などによく「ものまね番組」というものが登場してくる。『ものまねグランプリ』『ものまね王座決定戦』『爆笑そっくりものまね紅白歌合戦スペシャル』などなど、比較的低予算で、安定した視聴率を稼げる番組なのだろう。

私たちが若かった頃も『そっくりショー』や『スターものまね大合戦』などといった番組が、こちらは毎週放映されていてかなりの人気があった。

森進一のデビュー曲をご紹介するのに、いきなり「ものまね番組」の話から入るのも唐突だが、おそらく芸能界史上、最もものまねの対象になった歌手は森進一だったのではないかと思う。眉を吊り上げたような顔を作り、嗄れ声で「今晩は、森進一です」と真似ている人々を、私たちは今まで何人見たことか。声帯、形態ともにの模写で、玄人素人を問わずにである。

このデビュー曲も、何百回となく題材にされているようだ。殊に、例えば1番「嘘〜と知らずに〜信じいってた あっ、あああんあ〜」の箇所は耳にタコができるほど聞いていると思う。

それだけ、今までの歌手にない特徴的な歌唱だったのだろう。彼は昭和40年、フジテレビ系『リズム歌合戦』に出場して優勝し、チャーリー石黒に見出され、渡辺プロダクションに所属することになった。森進一17歳の時である。最初はルックスの良さもあり、ポップス系で売り出そうとして、スクールメイツでの活動もあったようだ。

しかし、個性が今ひとつ弱かったため、チャーリーが声を潰して演歌を歌わせることを提案し、森本人と渡辺プロを説得した。そしてベテランの作詞家の吉川静夫と、まだ駆け出しだった作曲家の猪俣公章のコンビによる作品で、その後歴代最多の、NHK紅白歌合戦48回連続出場という記録を作る森進一がデビューすることになった。


「女のためいき」  吉川静夫:作詞  猪俣公章:作曲・編曲  森進一:歌

 
1.
死んでも お前を 離しはしない

そんな男の 約束を

嘘と 知らずに 信じてた
 
夜が 夜が 夜が泣いてる
 
ああ 女の ためいき

2.
どうでも なるよに なったらいいと

思いなやんだ 時もある

なにに すがって 生きるのか

暗い 暗い 暗い灯影の

ああ 女の ためいき

3.
男と 女の 悲しいさだめ

なんで涙が つきまとう

ほれているから 憎いのよ

未練 未練 未練一つが

ああ 女の ためいき


森進一は、昭和22年11月18日、山梨県甲府市に生まれ、母子家庭で育つ。沼津、下関など居を変えて、母の実家の鹿児島市で中学を卒業する。母と幼い妹、弟の生活費を稼ぐため、卒業後すぐに15歳で大阪に集団就職をして、最初にすし屋に奉公に出るが、長くは続かなかった。その後、歌手になるまでのわずか2年余り、全部で17回の転職をしたという。

多くの紹介文には「1円でも多く稼ぐため」の転職とあるが、ここまで職を変えていればお金が貯まるはずがない。いわゆる一般的な仕事は水が合わなかったのだろう(この経歴は、私たちは安易に、いかにも『昭和』な感じのものだという思いを持つ。しかし、中学を卒業した後、定職を持てずに転々としているという傾向は、最近は逆にかなり増加していると聞く。話が横道に逸れてしまったが、本当に憂慮すべき問題だと思う)。

さて、この曲は歌手・森進一のデビューであるとともに、作曲家・猪俣公章の本格的なデビュー曲である。
猪俣公章は昭和13年4月11日、福島県会津坂下町に生まれる。小学校の5年生から作曲をしていたという早熟な人だったが、日本大学芸術学部音楽科時代にはバンドマンをしていた。その後、古賀政男に師事し作曲の勉強をはじめ、昭和39年『僕の手でよかったら』で作曲家デビューを果たしたという。

その後は森進一をはじめ、水原弘、藤圭子、内山田洋とクール・ファイブ、石川さゆり、テレサ・テン、五木ひろし、坂本冬美などのヒット曲を多く提供しており、このコラムにも、この後何回も登場いただく、私の敬愛する素晴らしい作曲家である。

『女のためいき』は、森進一が18歳の時に歌ったものだが、いかに20回近くも職を変え、その間には男女の仲のことも覚え、世の中をある程度分かった男子とはいえ、現代の観点でいえば、詞の内容があまりにも大人のものすぎる気がする。彼自身、どのような思いで、どこまでの解釈で歌っていたのだろうか。大変興味があり、もう50年以上昔のことだが、ぜひ一度伺ってみたいものである。

-…つづく

 

 

第342回:流行り歌に寄せて No.147 「夢は夜ひらく」~昭和41年(1966年)


このコラムの感想を書く

 

 

 


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 



金井 和宏
(かない・かずひろ)
著者にメールを送る

1956年、長野県生まれ。74年愛知県の高校卒業後、上京。
99年4月のスコットランド旅行がきっかけとなり、同 年11月から、自由が丘でスコッチ・モルト・ウイスキーが中心の店「BAR Lismore
」を営んでいる。
Lis. master's voice


バックナンバー

第1回:I'm a “Barman”~
第50回:遠くへ行きたい
までのバックナンバー

第51回:お国言葉について ~
第100回:フラワー・オブ・スコットランドを聴いたことがありますか
までのバックナンバー

第101回:小田実さんを偲ぶ~
第150回:私の蘇格蘭紀行(11)
までのバックナンバー


第151回:私の蘇格蘭紀行(12)
第200回:流行り歌に寄せてNo.12
までのバックナンバー


第201回:流行り歌に寄せてNo.13
第250回:流行り歌に寄せて No.60
までのバックナンバー


第251回:流行り歌に寄せて No.61
第300回:流行り歌に寄せて No.105
までのバックナンバー



第301回:流行り歌に寄せて No.106
「新妻に捧げる歌」~昭和39年(1964年)

第304回:流行り歌に寄せて No.109
「お座敷小唄」~昭和39年(1964年)

第305回:流行り歌に寄せて No.110
「愛と死をみつめて」~昭和39年(1964年)

第306回:流行り歌に寄せて No.111
「夜明けのうた」~昭和39年(1964年)

第307回:流行り歌に寄せて No.112
番外篇「東京オリンピック開会式」~昭和39年(1964年)

第308回:流行り歌に寄せて No.113
「花と竜」~昭和39年(1964年)

第309回:流行り歌に寄せて No.114
「涙を抱いた渡り鳥」~昭和39年(1964年)

第310回:流行り歌に寄せて No.115
「柔」~昭和39年(1964年)

第311回:流行り歌に寄せて No.116
「まつのき小唄」~昭和39年(1964年)

第312回:流行り歌に寄せて No.117
「女心の唄」 ~昭和39年(1964年)

第313回:流行り歌に寄せて No.118
「若い涙」 ~昭和39年(1964年)

第314回:流行り歌に寄せて No.119
「網走番外地」~昭和40年(1965年)

第315回:流行り歌に寄せて No.120
「夏の日の想い出」~昭和40年(1965年)

第316回:流行り歌に寄せて No.121
「さよならはダンスの後に」~昭和40年(1965年)

第317回:流行り歌に寄せて No.122
「愛して愛して愛しちゃったのよ」~昭和40年(1965年)

第318回:流行り歌に寄せて No.123
「新聞少年」~昭和40年(1965年)

第319回:流行り歌に寄せて No.124
「二人の世界」~ 昭和40年(1965年)

第320回:流行り歌に寄せて No.125
「東京流れ者」~昭和40年(1965年)

第321回:流行り歌に寄せて No.126
「下町育ち」~昭和40年(1965年)

第322回:流行り歌に寄せて No.127
「高原のお嬢さん」~昭和40年(1965年)

第323回:流行り歌に寄せて No.128
「赤坂の夜は更けて」「女の意地」~昭和40年(1965年)

第324回:流行り歌に寄せて No.129
「知りたくないの」~昭和40年(1965年)

第325回:流行り歌に寄せて No.130
「唐獅子牡丹」~昭和40年(1965年)

第326回:流行り歌に寄せて No.131
「涙の連絡船」~昭和40年(1965年)

第327回:流行り歌に寄せて No.132
「君といつまでも」~昭和40年(1965年)

第328回:流行り歌に寄せて No.133
「函館の女」~昭和40年(1965年)

第329回:流行り歌に寄せて No.134
「逢いたくて逢いたくて」~昭和41年(1966年)
第330回:流行り歌に寄せて No.135
「雨の中の二人」~昭和41年(1966年)

第331回:流行り歌に寄せて No.136
「骨まで愛して」~昭和41年(1966年)

第332回:流行り歌に寄せて No.137
「星影のワルツ」~昭和41年(1966年)

第333回:流行り歌に寄せて No.138
「ほんきかしら」~昭和41年(1966年)

第334回:流行り歌に寄せて No.139
「バラが咲いた」~昭和41年(1966年)

第335回:流行り歌に寄せて No.140
「若者たち」~昭和41年(1966年)

第336回:流行り歌に寄せて No.141
「銭形平次」~昭和41年(1966年)

第337回:流行り歌に寄せて No.142
「悲しい酒」~昭和41年(1966年)

第338回:流行り歌に寄せて No.143
「空に星があるように」~昭和41年(1966年)

第339回:流行り歌に寄せて No.144
「星のフラメンコ」~昭和41年(1966年)

第340回:流行り歌に寄せて
No.145「こまっちゃうナ」~昭和41年(1966年)


■更新予定日:隔週木曜日



  TOP-トップページ》 《コラム一覧 》 《のらりインタビュー》 《コラム・バックナンバー
……………………………………現在連載コラム……………………………………
新・汽車旅日記 】 【店主の分け前 】 【イビサ物語
 【亜米利加よもやま通信 】 【ひとつひとつの確かさ 】 【よりみち
………………………………掲載完了イチオシコラム………………………………
[拳銃家業 ] [貿易風の吹く島から ] [ くらり、スペイン ] [グレートプレーンズのそよ風 ]  
  [フロンティア時代のアンチヒーローたち ]

   

このサイトに関するご意見・ご感想・お問い合わせはこちらまで。
Copyrights 2018 Norari