のらり 大好評連載中   
 
■店主の分け前~バーマンの心にうつりゆくよしなしごと

第351回:流行り歌に寄せて No.156 「僕らの町は川っぷち」~昭和42年(1967年)

更新日2018/05/10



名古屋市港区一州町 中電(中部電力)アパートH401号。これが私たちの住まいだった。生まれてこのかた平屋住まいで、階段のある家に住んだことのない私たち家族にとって、いきなりアパートの最上階での生活が始まった。(考えてみれば、私自身はそれ以来35年間は、ずっと2階以上の住居で暮らし続けた)

アパートのそばには、名港火力発電所という、5本の大きな煙突をもつ発電所があった。その規模はかなりのもので、かつては東洋一の巨大な火力発電所であったらしい。だだっ広い(名古屋弁に翻訳すれば“どえりゃあ ひれい”)土地に、変電所も二つ設けられているという、大変なスケールであった。

今回調べてみると、昭和12年に起工されたものということで、当時としても30年稼働していた発電所で、最大時には5号機までがフル稼働していた。昭和57年に廃止されるまでほぼ半世紀弱、中部電力の火力発電事業の屋台骨を支え続けた発電所だった。

私の父は、発電所とは関係のない、住居から離れた緑区にある総合技術研究所という機関に従事していたが、私たちのアパートは、当初は名港火力発電所の従事者の家族のための住まいだったと思う。家族寮8棟、独身寮2棟が建てられていた。

アパートと発電所を挟む形で、東臨港線という名古屋港と名古屋市場を結ぶ貨物鉄道が敷かれていて、当時はまだ蒸気機関車が運行されていた。一日に数本程度だけだったが、私たちはモクモクと煙を吐きながら走る汽車の姿を見るのが好きだった。

悪ガキの中には、汽車のやってくる前の線路の上に一円玉を置いていた者がいた。汽車が走り去った後、まだかなりの熱を持ち、本来の姿の数倍の面積になりペチャンコにプレスされたニッケル玉を拾い上げ「ホフ、ホフ、ホフ」と言って、それを息で冷ましていた。

私は“なんてもったいない、お金を使えなくしてしまうとても愚かしいことだ”と、、真剣に思いつつも、著しく変形した一円玉を、自慢げにほっぺたに擦り寄せている少年たちの姿が、少しだけ羨ましく、また反面哀しかった。


「僕らの町は川っぷち」峯陽:作詞  林光:作・編曲  西六郷少年少女合唱団:歌 
                 
1 .
ぼくらの町は 川っぷち

えんとつだらけの 町なんだ

太いえんとつ こんにちは

高いえんとつ またあした

川の向こうに 日が昇り

えんとつの煙に 日が沈む

そんなぼくらの 町なんだ

2.
ぼくらの町は 川っぷち

えんとつだらけの 町なんだ

低いえんとつ 背伸びしろ

細いえんとつ 風邪ひくな

父さん母さん 帰るまで

えんとつの林で 鬼ごっこ

そんなぼくらの 町なんだ

3.
ぼくらの町は 川っぷち

えんとつだらけの 町なんだ

白いえんとつ 歌ってくれ

黒いえんとつ 音痴だな

昼でも夜でも 元気よく

煙を吐いてる 歌ってる

そんなぼくらの 町なんだ


引っ越してきた当時、『NHKみんなのうた』でこの曲をよく聴いた記憶があった。今回調べてみると、“昭和41年12月~42年1月放送”とあって、まさにその時期に流れていることが分かった。

但し、この時期放映されていたのは、本家“西六郷少年少女合唱団”のものではなく、“大阪放送児童合唱団”によるリメイク版だったようである。この曲を“団歌”とする西六郷の方は、東京オリンピックの年の“昭和39年6月~7月放送”となっていた。

オリジナル版の方も、うっすらだが、小学3年生当時に聴いた記憶にあって、その時は“えんとつだらけの町なんだ”と歌われても、岡谷市に住んでいた限りイメージできなかった覚えがある。

“川っぷち”とは多摩川沿いのことで、東京大田区の京浜工業地帯を歌ったものだったが、巨大な火力発電所の存在も含め、大きな工場群を擁(よう)する中京工業地帯に移り住んだ私には、充分にその空気感が理解できた。私にとっては、かなり居心地の悪い場所だった。

作詞の峯陽(みねよう)は、子どもの歌を中心に、作詞、作曲の両方を手掛けた人である。作詞の際のネームは“峯陽”、作曲の時は“ともろぎゆきお”と使い分けている。

作詞では『友情の歌』(いずみたく:作曲)、作曲には『おばけなんてないさ』(槇みのり:作詞)がある。そして両方を担当した『タンポポの歌』は、戦争に反対する強い思いを込めて作られた曲である。

作・編曲の林光は、管弦楽、室内楽から、舞台作品、歌曲、映画音楽まで、広い分野の作曲活動をした人で、『ぼくらの町は川っぷち』のような合唱作品も数多い。この人も、戦争に反対する曲が少なくない。

繰り返すことになるが、この曲は都会の曲である。戦争の悲惨さを経験した作詞家と作曲家が、決して快適とは言い難い“えんとつだらけの町”に住む都会っ子に向けて、しっかり生きてくれよという応援歌だったのだと、今になって理解できる。

ちょうどこの頃は、大気汚染や、騒音、振動、そして悪臭などの公害の諸問題が、毎日のように報じられていた時代だった。

-…つづく

 

 

バックナンバー


このコラムの感想を書く

 

 

 


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


金井 和宏
(かない・かずひろ)
著者にメールを送る

1956年、長野県生まれ。74年愛知県の高校卒業後、上京。
99年4月のスコットランド旅行がきっかけとなり、同 年11月から、自由が丘でスコッチ・モルト・ウイスキーが中心の店「BAR Lismore
」を営んでいる。
Lis. master's voice


バックナンバー

第1回:I'm a “Barman”~
第50回:遠くへ行きたい
までのバックナンバー

第51回:お国言葉について ~
第100回:フラワー・オブ・スコットランドを聴いたことがありますか
までのバックナンバー

第101回:小田実さんを偲ぶ~
第150回:私の蘇格蘭紀行(11)
までのバックナンバー


第151回:私の蘇格蘭紀行(12)
第200回:流行り歌に寄せてNo.12
までのバックナンバー


第201回:流行り歌に寄せてNo.13
第250回:流行り歌に寄せて No.60
までのバックナンバー


第251回:流行り歌に寄せて No.61
第300回:流行り歌に寄せて No.105
までのバックナンバー



第301回:流行り歌に寄せて No.106
「新妻に捧げる歌」~昭和39年(1964年)

第304回:流行り歌に寄せて No.109
「お座敷小唄」~昭和39年(1964年)

第305回:流行り歌に寄せて No.110
「愛と死をみつめて」~昭和39年(1964年)

第306回:流行り歌に寄せて No.111
「夜明けのうた」~昭和39年(1964年)

第307回:流行り歌に寄せて No.112
番外篇「東京オリンピック開会式」~昭和39年(1964年)

第308回:流行り歌に寄せて No.113
「花と竜」~昭和39年(1964年)

第309回:流行り歌に寄せて No.114
「涙を抱いた渡り鳥」~昭和39年(1964年)

第310回:流行り歌に寄せて No.115
「柔」~昭和39年(1964年)

第311回:流行り歌に寄せて No.116
「まつのき小唄」~昭和39年(1964年)

第312回:流行り歌に寄せて No.117
「女心の唄」 ~昭和39年(1964年)

第313回:流行り歌に寄せて No.118
「若い涙」 ~昭和39年(1964年)

第314回:流行り歌に寄せて No.119
「網走番外地」~昭和40年(1965年)

第315回:流行り歌に寄せて No.120
「夏の日の想い出」~昭和40年(1965年)

第316回:流行り歌に寄せて No.121
「さよならはダンスの後に」~昭和40年(1965年)

第317回:流行り歌に寄せて No.122
「愛して愛して愛しちゃったのよ」~昭和40年(1965年)

第318回:流行り歌に寄せて No.123
「新聞少年」~昭和40年(1965年)

第319回:流行り歌に寄せて No.124
「二人の世界」~ 昭和40年(1965年)

第320回:流行り歌に寄せて No.125
「東京流れ者」~昭和40年(1965年)

第321回:流行り歌に寄せて No.126
「下町育ち」~昭和40年(1965年)

第322回:流行り歌に寄せて No.127
「高原のお嬢さん」~昭和40年(1965年)

第323回:流行り歌に寄せて No.128
「赤坂の夜は更けて」「女の意地」~昭和40年(1965年)

第324回:流行り歌に寄せて No.129
「知りたくないの」~昭和40年(1965年)

第325回:流行り歌に寄せて No.130
「唐獅子牡丹」~昭和40年(1965年)

第326回:流行り歌に寄せて No.131
「涙の連絡船」~昭和40年(1965年)

第327回:流行り歌に寄せて No.132
「君といつまでも」~昭和40年(1965年)

第328回:流行り歌に寄せて No.133
「函館の女」~昭和40年(1965年)

第329回:流行り歌に寄せて No.134
「逢いたくて逢いたくて」~昭和41年(1966年)
第330回:流行り歌に寄せて No.135
「雨の中の二人」~昭和41年(1966年)

第331回:流行り歌に寄せて No.136
「骨まで愛して」~昭和41年(1966年)

第332回:流行り歌に寄せて No.137
「星影のワルツ」~昭和41年(1966年)

第333回:流行り歌に寄せて No.138
「ほんきかしら」~昭和41年(1966年)

第334回:流行り歌に寄せて No.139
「バラが咲いた」~昭和41年(1966年)

第335回:流行り歌に寄せて No.140
「若者たち」~昭和41年(1966年)

第336回:流行り歌に寄せて No.141
「銭形平次」~昭和41年(1966年)

第337回:流行り歌に寄せて No.142
「悲しい酒」~昭和41年(1966年)

第338回:流行り歌に寄せて No.143
「空に星があるように」~昭和41年(1966年)

第339回:流行り歌に寄せて No.144
「星のフラメンコ」~昭和41年(1966年)

第340回:流行り歌に寄せてNo.145
「こまっちゃうナ」~昭和41年(1966年)
第341回:流行り歌に寄せて No.146
「女のためいき」~昭和41年(1966年)

第342回:流行り歌に寄せて No.147
「夢は夜ひらく」~昭和41年(1966年)

第343回:流行り歌に寄せて No.148
「勇気あるもの」~昭和41年(1966年)

第344回:流行り歌に寄せて No.149
「夕陽が泣いている」~昭和41年(1966年)

第345回:流行り歌に寄せて No.150
「涙くんさよなら」~昭和41年(1966年)

第346回:流行り歌に寄せて No.151
「恍惚のブルース」~昭和41年(1966年)

第347回:流行り歌に寄せて No.152
「哀愁の夜」~昭和41年(1966年)

第348回:流行り歌に寄せて No.153
「絶唱」~昭和41年(1966年)
第349回:流行り歌に寄せて No.154
「すてきな王子様」~昭和41年(1966年)

第350回:流行り歌に寄せて No.155
「銀色の道」~昭和42年(1967年)


■更新予定日:隔週木曜日



  TOP-トップページ》 《コラム一覧 》 《のらりインタビュー》 《コラム・バックナンバー
……………………………………現在連載コラム……………………………………
新・汽車旅日記 】 【店主の分け前 】 【イビサ物語
 【亜米利加よもやま通信 】 【ひとつひとつの確かさ 】 【よりみち
………………………………掲載完了イチオシコラム………………………………
[拳銃家業 ] [貿易風の吹く島から ] [ くらり、スペイン ] [グレートプレーンズのそよ風 ]  
  [フロンティア時代のアンチヒーローたち ]

   

このサイトに関するご意見・ご感想・お問い合わせはこちらまで。
Copyrights 2018 Norari