のらり 大好評連載中   
 
■新・汽車旅日記~平成ニッポン、いい日々旅立ち
 

第533回:疑惑の幸福神社 - くま川鉄道 2 -

更新日2014/12/11


鉄橋から四つ目に“おかどめ幸福駅”がある。くま川鉄道の発足時に新設された駅だ。縁起の良い駅名だけど、由来は近隣の岡留熊野座神社の“おかどめ”と、この神社が“幸福”神社と呼ばれているからだという。北海道広尾線に幸福駅があって、広尾線が廃止されているから、現在は「幸福」を名乗る駅名はここだけ。北海道の幸福駅はアイヌ語由来の幸震という地名と福井県からの入植者が多かったからだ。過酷な開拓民の希望を思わせる。


おかどめ幸福駅で団体客が降りた

それに比べて別名“幸福神社”はどうだろう。本当にそう呼ばれているのだろうか。ちなみに“岡留”のほうは、かつて襲来した蒙古軍をここに留めるという意味。地に足が着いた由来である。こちらを引き立てて、戦勝の神、土壇場の踏ん張り祈願としたほうが良さそうだ。

眉唾な縁起駅名であっても人気があるようで、ここで団体客がごっそりと降りていく。貸し切りバスが待っていて、幸福神社にお参りするコースのようだ。この団体のために2両の観光車両を仕立てたけど、全路線の半分まで、しかも片道しか乗ってくれない。くま川鉄道が気の毒だと思う反面、なんで終着駅を縁起駅名にしなかったか。あるいは終点まで乗ってもらう魅力を発信できなかったか。そう思うと悔しくなる。


あさぎり駅付近に国鉄型の気動車。廃車体だろうか

がらんとした車内で、観光ガイドとして乗ってきた乗務員も拍子抜けしているようだ。その落胆にたたみかけるように、次のあさぎり駅で、私たち以外の客も降りてしまった。張り切っていたガイドさんの観光放送も終わってしまった。二人だけとはいえ、私たちも観光客のようなものだが。団体おこぼれの観光車両だから、現実を受け止めるだけである。もっとも、この先はガイドするような景色がないのかもしれない。


ブルートレインたらぎ

いや、そんなことはないぞ。多良木駅に近づくと、ブルートレインが見えた。正しくはブルートレイン用の14系客車を再利用した宿泊施設、ブルートレインたらぎである。2010年に開業した。そういえば、開業のニュースを知ったとき、この地に来たら泊まってみようと思っていた。すっかり忘れていた。そして思い出した。私がニュースサイトに関わっていた頃、開業のニュースのために写真を請求したけれど、3年経った未だに届いていない。電話をかけたら「責任者が出かけている」と言われてそれっきり。責任者さんは今ごろどこにいるのだろうか。


湯前駅に到着

線路はずっと真っ直ぐである。車窓は田園地帯と住宅のまま。ときどき車窓右側に製材所が現れて、真新しい材木が積み上げられている。車窓左手には山が迫っている。そろそろ人吉盆地のどん詰まり。そこに湯前駅がある。雨模様の空、湯前というくらいだから温泉があるかもしれないと思う。しかし、その期待は裏切られた。終点の湯前駅の周辺は民家があるだけ。ただしその民家の壁に棚があり、農作物の無人販売所だった。細いイチゴが詰まったパックが100円。100円なら悪くないと思って手に取り、箱に100円玉を入れた。消費税は必要だろうか。しかし5円玉がないから、勝手に内税とさせていただく。


折り返しで30分以上も待機するKUMA

駅に向かって振り返ると、駅舎に隣接して洒落た建物がある。金属フレームとガラスを多用し、コンクリート打ちっ放しの壁。バブル時代のカフェバーのようだ。湯~とぴあと書いてあるけれど、風呂はなさそうで、地元の特産物を販売する店がある。ほかに見るものもないし、冷やかしてみた。冷蔵ケースの中にイチゴのパックが入っていた。200円でスーパーマーケットのお買い得品くらいのサイズになり、300円で立派な粒になった。格差に厳格な土地柄だろうか。さっきの100円のイチゴに納得してしまった。


イチゴ100円。品種は“さがほのか”

イチゴを買うと何となく悔しいから、パンと饅頭を買って戻る。風ちゃんと分け合って、帰りの列車の出発時刻を待つ。私たちが乗ってきた列車は11時03分に到着し、11時40分に折り返す。団体さんのために仕立てた観光列車“KUMA”が、ずっとホームで待っている。発車まで間があるけれど、ホームに立って周囲を見渡す。人吉方面の線路は遠くの方で霧雨に隠されている。反対側の線路は途切れている。終着駅だから当然ではある。


湯前駅、左が湯~とぴあ

しかし、この線路はもっと先へ行くはずだった。北東に延びてきた線路は湯前駅の手前で東に向きを変え、そこに湯前駅はある。意図のある進路変更だと思わせる。湯前線はもともと、九州山地の南側をかすめて南東に進む予定だった。地図を見ると、おそらく国道219号線に沿うルートだ。そのまま進んで分水嶺を超えると一ツ瀬ダムがあり、少し下ると杉安ダムがある。


湯~とぴあにも寄ってみた

杉安と言えば、かつて国鉄の妻線の終点があったところだ。湯前線は妻線と接続して、人吉と宮城県佐土原を結ぶ計画だった。佐土原駅は日豊本線の駅で、宮崎駅の少し北である。私は高校時代に九州のひとり旅で妻線に乗っている。妻線はとっくに廃止された。妻を失った湯前線が存続し、眉唾な縁起駅を作って観光客を誘っている。それは湯前線にとって幸福なんだろうか。幸福だろうな。短距離とはいえ、お客さんで満席になる。そんなローカル線は珍しいのだ。


林業が盛んのようだ

出発の時刻になった。車内に戻ると、私服の女子高生くらいの女の子がスマートホンをいじっている。結局、乗客は私たちとその女の子、待機所に戻るであろうガイドさんだけだ。帰り道は雨がやや強くなり、とうとう窓ガラスが曇って景色どころではなくなった。タオルで拭いつつ景色を見る。そこまでしなくてもいいと思うけれど、景色を見るほかにすべきことがない。


帰路でみかけた幸福神社

おかどめ幸福駅の手前にコンクリート製の鳥居が立っている。写真を撮ってみた。鳥居の真ん中に銅色の看板が取り付けられている。そこには「幸福神社」と書いてあった。幸福神社は実在したか、と思う反面、どうも鳥居も看板も新しすぎるような気がした。私の幸福神社への疑惑は消えない。ただ、鳥居の周辺の佇まいは良さそうだった。ちょっと歩いてみたくなる。そんな感じだ。しかし、もう再訪することはないだろう。

-…つづく


杉山 淳一
(すぎやま・じゅんいち)
著者にメールを送る

1967年生まれ。東京出身。京浜急行沿線在住。1996年よりフリーライターとしてIT、PCゲーム、Eスポーツ方面で活動する。「新汽車旅日記」をきっかけに鉄道方面にも進出した。「鉄旅オブザイヤー」最終選考委員
<<杉山淳一の著書>>

■連載完了コラム
感性工学的テキスト商品学
~書き言葉のマーケティング
 
[全24回] 
デジタル時事放談
~コンピュータ社会の理想と現実
 
[全15回]

■鉄道ニュース(レポーター)
マイナビニュース
ライフ>> 「鉄道」
発行:マイナビ

■著書
『ぼくは乗り鉄、おでかけ日和。』
~日本全国列車旅、
達人のとっておき33選~


杉山淳一
最新刊
好評発売中!

『A列車で行こう9 Version2.0 プロフェッショナル 公式ガイドブック』 杉山淳一著(株式会社(エンターブレイン)

http://www.a-train9.jp/professional/


『A列車で行こう9 公式エキスパートガイドブック』
杉山 淳一著(株式会社エンターブレイン)





『もっと知ればさらに面白い鉄道雑学256』
杉山 淳一 著(リイド文庫)





『知れば知るほど面白い鉄道雑学157』
杉山 淳一 著(リイド文庫)


バックナンバー

第1回~第50回まで
第51回~第100回まで
第101回~第150回まで
第151回~第200回まで
第201回~第250回まで
第251回~第300回まで
第301回~第350回まで
第351回~第400回まで
第401回~第450回まで
第451回~第500回まで

第501回:白い鉄塔、銀の樹氷
- 御在所ロープウェイ -

第502回:デジカメ宗旨替え
- サンライズ瀬戸 -

第503回:コンビナートの故郷感
- サンライズ瀬戸 2 -

第504回:軒先、刑務所、そして屋島
- 高松琴平電鉄志度線1 -

第505回:源内さんの謎
- 高松琴平電鉄志度線2 -

第506回:庵治石の町
- 八栗ケーブル -

第507回:鉄道遍路の区切り打ち
- 高松琴平電鉄長尾線 -

第508回:夕暮れの梅
- 高松琴平電鉄琴平線 -

第509回:憧れの宇高航路
- 四国フェリー -

第510回:断続複線化区間の通勤電車
- 宇野線 -

第511回:夢やすらぎ号、高架橋を行く
- 井原鉄道 清音~小田 -

第512回:秘伝のバス停
- 井笠バス 小田~新山 -

第513回:老駅長、佇む
- 井笠鉄道記念館 -

第514回:銀色の寿司
- 井原鉄道 小田 ~ 神辺 -

第515回:府中行き満員電車
- 福塩線 福山~府中 -

第516回:上ったり下ったり
- 福塩線 府中~梶田 -

第517回:思いがけず帰路のはじまり
- 福塩線 備後安田~三次 -

第518回:189系団体列車
- ぐるり貨物線大宮号1 -

第519回:京浜工業地帯の変化
- ぐるり貨物線大宮号2 -

第520回:高島線から根岸線へ
- ぐるり貨物線大宮号3 -

第521回:トンネルと高架と
- ぐるり貨物線大宮号4 -

第522回:永遠の99パーセント
- 途中下車 -

第523回:南国の空へ
- ソラシドエア51便 羽田~宮崎 -

第524回:煤けたレッドカーペット
- 宮崎空港線 -

第525回:椎茸めし vs ギュージンガーサンド
- 特急・海幸山幸1 -

第526回:ふたりの海幸彦
- 特急・海幸山幸2 -

第527回:山頭火のさびしさ
- 日南線 南郷-志布志 -

第528回:大隅半島横断バス
- 三州自動車 志布志駅上~垂水港 -

第529回:鹿児島湾横断航路
- 垂水フェリー 垂水港 ~ 鴨池港 -

第530回:特急きりしまで行く霧の霧島
- 肥薩線 隼人~吉松 -

第531回:贅沢な山岳ルート
- 肥薩線 吉松 - 人吉 -

第532回:団体のおかげで観光列車
- くま川鉄道 1

■更新予定日:毎週木曜日



  TOP-トップページ》 《コラム一覧 》 《のらりインタビュー》 《コラム・バックナンバー
……………………………………現在連載コラム……………………………………
新・汽車旅日記 】 【店主の分け前 】 【イビサ物語
 【亜米利加よもやま通信 】 【ひとつひとつの確かさ 】 【よりみち
………………………………掲載完了イチオシコラム………………………………
[拳銃家業 ] [貿易風の吹く島から ] [ くらり、スペイン ] [グレートプレーンズのそよ風 ]  
  [フロンティア時代のアンチヒーローたち ]

   

このサイトに関するご意見・ご感想・お問い合わせはこちらまで。
Copyrights 2018 Norari