のらり 大好評連載中   
 
■新・汽車旅日記~平成ニッポン、いい日々旅立ち
 

第524回:煤けたレッドカーペット - 宮崎空港線 -

更新日2014/08/28


JR九州の宮崎空港駅は、空港ターミナルの正面玄関を出て右を向いたところにある。高架駅で、階段とエスカレーターで上る形だ。予定のなかった場所に、後から線路と駅を作ったからこんな形になってしまう。空港隣接駅ではよく見かける形だけど、本当は地平のまま徒歩で乗り換えられたら便利だったろう。

宮崎空港は日本海軍の航空基地だった。1954年に航空大学の訓練飛行場として転用し、1961年に旅客機用の空港となった。高度成長期で、“南国、宮崎”は新婚旅行の定番となった。宮崎市中心部に近く、空港敷地の西側にJR日南線の線路が通っている。


宮崎空港駅(左)と宮崎空港ターミナルビル

街と駅に近い空港を、もっと便利にしたい。そこで日南線に田吉駅を作り、そこから線路を分岐して、空港敷地内に高架で引き込んだ。これが宮崎空港線で、開業は1996年であった。開港の35年後に乗り入れた鉄道だから、なるべく既存の施設の邪魔にならないように高架駅として作られた。ガラスとコンクリートでデザインされ、都会的な雰囲気だ。

エスカレーターを上ると正面に改札口があり、その奧へとホームが伸びている。島式ホーム1本で、その両側に特急電車の787系と普通列車用の817系が停まっている。どちらも水戸岡鋭治氏による独特のデザインで、異国情緒を感じる。

風ちゃんは鋭角的な顔の787系に興味を持ったようだ。「たぶんアレに乗るよ」と言ったけれど、これから窓口で全行程のきっぷの手配をする。次の電車が違う形だったらガッカリさせてしまうかもしれない。期待させるような言葉は慎もう。


797系と817系が並んでいた

いまは08時15分過ぎ。乗車予定の列車は09時07分の宮崎行きだ。窓口はひとつだけ。こちらのきっぷは時間がかかるから、いったん他の客に譲ってベンチに座る。風ちゃんは窓口で免許証を見せた後、トイレに行くと言って階段を降りた。空港を見物するつもりだろう。きっぷの購入は私の領分で、安心して任されたか、退屈でつきあえないか、その両方だ。

窓口で年配の係員が懸命に発券機を操作している。発売されたばかりの"HAPPY BIRTHDAY KYUSHU PASS"だ。まだ慣れていないかもしれない。さらに私はメモを差し出して、乗る予定の指定席もすべて請求した。今日の“海幸山幸”、明日の“SL人吉”、明後日の“指宿のたまて箱”、そして九州新幹線のグリーン車2回。小さな駅の窓口では申し訳ない作業である。


窓口氏のお手数をいただいたきっぷ

一般的な片道きっぷなら東京でも予約購入できる。しかし、"HAPPY BIRTHDAY KYUSHU PASS"は九州内の販売である。このきっぷがないと、特典の指定席券も手配できない。そこはちょっと不便だ。割引きっぷにありがちな制限のひとつだと割り切るしかないか……。発券機“マルス”のご託宣によると、“海幸山幸”の指定席は一つしかない。これは断った。二人旅だし、この列車には自由席がある。

“SL人吉”は離れた席になるという。それも問題ない。人気列車だし、席があるだけでも御の字だ。他の列車は並びで取れた。出発当日から3日分。完全ではないけれど上出来である。私の手元に緑のきっぷが何枚も差し出された。ポーカーの手札のようだ。"HAPPY BIRTHDAY KYUSHU PASS"が1枚、きっぷの説明書きもきっぷと同じ紙で発券された。さらに"HAPPY BIRTHDAY KYUSHU PASS"のアンケート用紙があった。グリーン車・指定席の発券記録用の紙には、6個の欄にスタンプが四つ押された。つまり指定席券は4枚あって、これが二人分である。きっぷのロイヤルストレートフラッシュ。すばらしい。勝ったようなもんだ。

窓口で約20分。発券後のきっぷを整理し終わった頃に風ちゃんが帰ってきた。たっぷり散歩してきたようで、満足げである。荷物の番を頼み、交代で私が散歩に出かける。宮崎空港は羽田空港とは比較にならないほどコンパクトで、駐車場の奥まで歩くと、ターミナルビルと駅の全景を眺められる。白い建物とソテツの木が並ぶ。リゾート気分である。

空港ターミナルビルも見物しようと、再び正面玄関へ。外側と内側の自動ドアの間にレッドカーペットがある。さっきは気づかなかった。さすが観光地。ハレの演出だな、と思う。しかし、観光客を迎えるにしては煤けている。いや、むしろ汚い。そして黒い文字が書いてある。
「防疫マット 口蹄疫 鳥インフルエンザ」
英語、韓国語、中国語も併記されていた。

思い出した。2年前、2010年の春に宮崎県で口蹄疫が発生。牛などに次々と感染し大騒動になった。事後処理は年末まで続き、主に牛、そして豚が合計30万頭も殺処分された。いずれ人に喰われる運命とは言え、さらに短い命で殺され、埋められる家畜のニュースを見て、胸が苦しくなった。コメディアン出身の県知事が、宮崎県の食材を宣伝し大成功した頃だった。


空港ターミナル展望デッキから

あれから2年、もう遠い記憶になりつつある。しかし、警戒と予防に終わりはない。宮崎空港はいまでも防衛の最前線だった。「マットをお踏みください」の貼り紙もいま気づいた。私はさっき、ここできちんと靴の裏を擦りつけただろうか。歩くだけで十分だろうか。どうもその知識がない。頭上にスピーカーを置いて、音声で教えてくれたらいいのにと思う。しかし、それが喧伝されると風評被害が長引く。難しいところだ。

展望デッキに上がる。ソラシドエア機の姿はなく、赤い尾翼と青い尾翼が1機ずつ、搭乗橋に係留されている。どちらも小さな機体で、羽田空港の風景を見慣れていると、ここは模型のようだ。階下の土産物屋も巡る。帰路は福岡空港だから、ここには来ない。だからといって土産に手を出すには早すぎた。チキン南蛮弁当を見つける。宮崎と言えばチキン南蛮。食べたい。しかし、次の電車は数分しか乗らないし、宮崎駅に着けば他の選択肢もあるだろう。ここは我慢だ。


787系で出発

スタートライン。駅に戻った。宮崎行き普通列車は787系だった。延岡発の特急“ひゅうが”として到着し、車庫に戻る車両らしい。風ちゃんが乗りたそうにしていた電車でよかった。普通列車とは言え車両は特急である。リクライニングシートである。風ちゃんの巨体をしっかりホールドしてくれる。さい先の良いスタートだ。


離陸直前の飛行機

さっきは高架駅を残念だと思ったけれど、電車に乗ってみれば高架のほうが景色がいい。宮崎空港線は空港敷地内を通っているから、空港の全景が見渡せる。さっき展望デッキから見えた赤い尾翼が、こちらに尻を向けようとしていた。こちらから遠ざかる方向へ飛ぶとすると、今日は東から風が吹いている。東風ふかば……それは福岡、太宰府の話だ。高架区間が終わり、小さな川を渡り、地上を走る。


田吉駅で列車交換

ずっと空港側を見ていたから、宮崎空港線が日南線に合流するところを見過ごした。電車は田吉駅に停まった。向かいのホームに817系電車が待っていた。日南線は単線だ。田吉駅は、宮崎空港線の運行本数を確保するために、列車がすれ違うために作られた。駅の東側は畑とビニールハウス。西側は民家が並ぶ。宮崎への通勤通学駅としても機能しているだろう。いままで駅がなかった方がおかしい。それとも、このあたりでも人々はクルマやバスが主要交通手段だろうか。


南宮崎駅に到着

電車はふたつ目の鉄橋、八重川を渡る。そして線路が分かれ、電車の留置線が現れ、南宮崎駅に到着する。ここで日南線と日豊本線が合流する。宮崎空港線も日南線も初めて乗ったけれど、日豊本線のこのあたりは久しぶりだ。1984年。高校生の春休み。宮崎は30年ぶりの来訪だった。少し北の大分は5年前。ブルートレイン富士の最後の乗車だった。あの時は筑豊へ向かっている。今回は、ほとんどの土地が30年ぶり、そして未踏の地だ。


大淀川を渡る

電車は広い川を渡った。大淀川。宮崎県を代表する一級河川で、都城付近の山が水源という。鉄橋を渡ると、線路はそのまま築堤の上。そして高架線路になって、宮崎市街地を眺望する。09時13分。定刻で宮崎駅に到着した。わずか7分で、宮崎空港線、日南線、日豊本線と三つの線区にまたがり、大淀川ほか二つの川を渡った。それも、特急車両を使った普通列車だ。珍しい体験かもしれない。


宮崎駅直前。桜が満開だ


杉山 淳一
(すぎやま・じゅんいち)
著者にメールを送る

1967年生まれ。東京出身。東急電鉄沿線在住。1996年よりフリーライターとしてIT、PCゲーム、Eスポーツ方面で活動。現在はほぼ鉄道専門。Webメディア連載「鉄道ニュース週報(マイナビ)」「週刊鉄道経済(ITmedia)」「この鉄道がすごい(文春オンライン)」「月刊乗り鉄話題(ねとらぼ)」などWebメディアに多数執筆。「鉄旅オブザイヤー」最終選考委員。
<<杉山淳一の著書>>

■連載完了コラム
感性工学的テキスト商品学
~書き言葉のマーケティング
 
[全24回] 
デジタル時事放談
~コンピュータ社会の理想と現実
 
[全15回]

■鉄道ニュース(レポーター)
マイナビニュース
ライフ>> 「鉄道」
発行:マイナビ

■著書
『ぼくは乗り鉄、おでかけ日和。』
~日本全国列車旅、
達人のとっておき33選~


杉山淳一
最新刊
好評発売中!

『A列車で行こう9 Version2.0 プロフェッショナル 公式ガイドブック』 杉山淳一著(株式会社(エンターブレイン)

http://www.a-train9.jp/professional/


『A列車で行こう9 公式エキスパートガイドブック』
杉山 淳一著(株式会社エンターブレイン)





『もっと知ればさらに面白い鉄道雑学256』
杉山 淳一 著(リイド文庫)





『知れば知るほど面白い鉄道雑学157』
杉山 淳一 著(リイド文庫)


バックナンバー

第1回~第50回まで
第51回~第100回まで
第101回~第150回まで
第151回~第200回まで
第201回~第250回まで
第251回~第300回まで
第301回~第350回まで
第351回~第400回まで
第401回~第450回まで
第451回~第500回まで

第501回:白い鉄塔、銀の樹氷
- 御在所ロープウェイ -

第502回:デジカメ宗旨替え
- サンライズ瀬戸 -

第503回:コンビナートの故郷感
- サンライズ瀬戸 2 -

第504回:軒先、刑務所、そして屋島
- 高松琴平電鉄志度線1 -

第505回:源内さんの謎
- 高松琴平電鉄志度線2 -

第506回:庵治石の町
- 八栗ケーブル -

第507回:鉄道遍路の区切り打ち
- 高松琴平電鉄長尾線 -

第508回:夕暮れの梅
- 高松琴平電鉄琴平線 -

第509回:憧れの宇高航路
- 四国フェリー -

第510回:断続複線化区間の通勤電車
- 宇野線 -

第511回:夢やすらぎ号、高架橋を行く
- 井原鉄道 清音~小田 -

第512回:秘伝のバス停
- 井笠バス 小田~新山 -

第513回:老駅長、佇む
- 井笠鉄道記念館 -

第514回:銀色の寿司
- 井原鉄道 小田 ~ 神辺 -

第515回:府中行き満員電車
- 福塩線 福山~府中 -

第516回:上ったり下ったり
- 福塩線 府中~梶田 -

第517回:思いがけず帰路のはじまり
- 福塩線 備後安田~三次 -

第518回:189系団体列車
- ぐるり貨物線大宮号1 -

第519回:京浜工業地帯の変化
- ぐるり貨物線大宮号2 -

第520回:高島線から根岸線へ
- ぐるり貨物線大宮号3 -

第521回:トンネルと高架と
- ぐるり貨物線大宮号4 -

第522回:永遠の99パーセント
- 途中下車 -

第523回:南国の空へ
- ソラシドエア51便 羽田~宮崎 -


■更新予定日:毎週木曜日