のらり 大好評連載中   
 
■新・汽車旅日記~平成ニッポン、いい日々旅立ち
 

第450回:高山市街ぶらり旅 - 高山駅 -

更新日2012/12/13



観光案内所でパンフレットを貰う。窓口の女性に4時間程度のおすすめコースを相談し、まずは駅前通りを宮川方向へ。橋を渡る手前の本町通りを左折。しばらく歩いて宮前橋を渡り、桜山八幡に寄ってから南へ転進、古い町並みを歩いて、高山陣屋で締めくくるというコースにした。要するにパンフレットに書いてあるとおりである。

本町通りを少し歩くと、高山本町美術館で「山下清展」をやっている。立ち寄ってしばらく眺める。テレビなどで紹介された作品が飾られている。しかしこんな小さな町に原本があるわけでもないだろう。複製画だろうと思う。臨時展のような体裁だが、ここではずっと開催されているらしく、後に調べたらもう10年近く開催されており、さらに山下清の公式サイトには「贋作に注意」と書かれている。どうやら私はコロッと騙されたようだ。酷い話だ。


宮川朝市。快晴の散歩は心地よい

交差点で橋のほうを見やると、なにやら川沿いが賑やかだ。私はルートを変更して鍛冶橋を渡った。パンフレットには宮川朝市とある。川沿いの道の川側に豆などを売る露天があり、建物側は土産物屋や菓子屋が並ぶ。飛騨牛の肉まんをひとつ。飛騨牛の串焼きを1本。おわら玉天という菓子、飴、いろいろあって楽しい。カロリー制限の身で、つまみ食いが過ぎると昼食に差し支えそうだ。しかし、ここは割り切った。旅のカロリーはかき捨て、である。


飛騨牛入り肉まん


こちらは飛騨牛5等級の串焼き。1本450円!

もう一度川を渡り、飛騨総社を拝む。平安時代に創建された飛騨国神社群の頂点である。しかし室町時代に衰退。江戸時代にニ度の再興が試みられた。いまは住宅地に囲まれ、敷地を遮る森もなく、地域に密着する社のようだ。


静謐な飛騨総社

またまた宮川を渡り、櫻山八幡宮に参る。こちらのほうが歴史が古く、仁徳天皇の頃の創建。戦国時代に金森長近が秀吉から飛騨国を与えられ、江戸時代に藩主となるとこちらを氏神とした。大正時代には県社となった。屋台が練り歩く高山祭は、この櫻山神社の例祭である。境内に高山祭屋台会館がある。白人の観光客グループが中に入っていく。


櫻山八幡宮の人気は金森氏人気が続いているからかも

私はもうすこし町を歩きたい。町並み保存区域を歩き、平田記念館という商家を見物。古い雛飾りや小地図、明治大正の頃の玩具などがあった。女の道を守るべき事、などという家訓があったりする。男は外へ、女は内で。「男より賢く、心のともしびを明るく照らし、朗らかに万事滞り無く治めよ」と書いてある。高山は戦争の被害が少なかったようで、商家には昔のものがたくさん眠っている。


こんな町並みが残っている


豪商平田家の建物が博物館になっている
びんつけ油やろうそくの製造販売で財を成したという

飛騨高山まちの博物館に寄った。戦後にできた高山市郷土館を昨年にリニューアルしたという。門の白い漆喰が眩しい。高山だけではなく、飛騨国地域の古代からの展示品が並ぶ。高山祭の屋台の映像があり、時期を外して訪れただけに興味深く拝見した。人形が変身するからくりが面白い。

パンフレットによると、すべてをじっくり見ると2時間もかかるという。関心の高いところだけしっかり見ても1時間ほどだった。飛騨国を治めた金森氏は庶民の信も厚く、6代にわたって100年以上も続いた。しかし、飛騨国の資源に目をつけた徳川家によって飛騨国は天領とされ、金森家は出羽国上山藩に転封、さらに美濃国郡上藩に移され、そこで百姓一揆や神社の主導権争いを抑えきれず、大名の身分を剥奪された。謀略による左遷が続いて荒んでいったというか、気の毒な一族である。


飛騨高山まちの博物館
たっぷり時間を過ごせて無料

飛騨高山まちの博物館は、これだけの見物ができて、なんと無料である。途中で腹が重くなりトイレに入ったら温水便座であった。すっきりすると、なんだか申し訳ないくらいの気持ちになる。募金箱があったら千円くらい入れたい。せめてこの街で土産物を買おうと思う。

ここでたっぷりと時間を過ごしてしまい、最期に訪れた陣屋跡では40分ほどしか使えない。さっさと巡って退散しようと思ったら、無料の観光案内を勧められる。ひとりでは申し訳ないし、1時間というけれど40分しかないというと、「それで回れるように頼んでみましょう」とひとりつけてくれた。本当は予約が必要だが、この時間は空いていたらしい。


高山陣屋は必見の史跡

高山陣屋はあの金森氏の下屋敷だったという。徳川幕府直轄領となってから陣屋として代官や郡代が常駐し、行政機関として機能した。家来や女中の部屋、役務をする場所などを見学する。ひとりで見て回るより、説明があったほうが面白い。ここは明治時代に高山県庁舎としても使われたそうで、そのまま使われた場所、改造された場所の痕跡もある。

説明されなければ見過ごすところだった。もっと時間をとっておけばよかったと名残惜しい。ついてくれた説明員さんに感謝して、早足で駅に戻る。列車の発車時刻の10分前。結局、飛騨牛をゆっくり賞味する時間はなく、駅弁と土産物を買って列車に乗った。大満足の4時間だった。

-…つづく

 

第450回の行程地図

より大きな地図で のらり 新汽車旅日記 450 を表示

 

 

このコラムの感想を書く

 


杉山 淳一
(すぎやま・じゅんいち)
著者にメールを送る

1967年生まれ。東京出身。東急電鉄沿線在住。1996年よりフリーライターとしてIT、PCゲーム、Eスポーツ方面で活動。現在はほぼ鉄道専門。Webメディア連載「鉄道ニュース週報(マイナビ)」「週刊鉄道経済(ITmedia)」「この鉄道がすごい(文春オンライン)」「月刊乗り鉄話題(ねとらぼ)」などWebメディアに多数執筆。「鉄旅オブザイヤー」最終選考委員。

■連載完了コラム
感性工学的テキスト商品学
~書き言葉のマーケティング
 
[全24回] 
デジタル時事放談
~コンピュータ社会の理想と現実
 
[全15回]

■鉄道ニュース(レポーター)
マイナビニュース
ライフ>> 「鉄道」
発行:マイナビ

■著書

『A列車で行こう9 Version2.0 プロフェッショナル 公式ガイドブック』 杉山淳一著(株式会社(エンターブレイン)

http://www.a-train9.jp/professional/


『A列車で行こう9 公式エキスパートガイドブック』
杉山 淳一著(株式会社エンターブレイン)





『もっと知ればさらに面白い鉄道雑学256』
杉山 淳一 著(リイド文庫)





『知れば知るほど面白い鉄道雑学157』
杉山 淳一 著(リイド文庫)


バックナンバー

第1回~第50回まで
第51回~第100回まで
第101回~第150回まで
第151回~第200回まで
第201回~第250回まで
第251回~第300回まで
第301回~第350回まで
第351回~第400回まで

第401回:オトキューで満席
- 寝台特急あけぼの -

第402回:弘前名物りんごラーメン
- 徒歩 弘前駅-中央弘前駅 -

第403回:古参機関車と騒音電車
- 弘南鉄道大鰐線 -

第404回:おいわきやまに背を向けて
- 弘南鉄道大鰐線2 -

第405回:大館盆地から花輪盆地へ
- 花輪線1 大館~十和田南 -

第406回:謎のスイッチバック、謎の八幡平
- 花輪線2 十和田南~好摩 -

第407回:暗闇の帰宅列車
- 東北本線~北上線~奥羽本線 -

第408回:早朝のなまはげライン
- 男鹿線 -

第409回:八郎潟とジュンサイ沼
- リゾートしらかみ1 -

第410回:あきれた展望車
- リゾートしらかみ2 -

第411回:せり上がる水平線
- スロープカー しらかみ号 -

第412回:豪雨の深浦まで
- 五能線 ウェスパ椿山-深浦 -

第413回:半円の虹
- 五能線代行バス 深浦-弘前 -

第414回:虹と太陽と笑顔と
- 弘南鉄道弘南線 -

第415回:うんぺいとおもちゃ色の気動車
- 弘南鉄道弘南線2 -

第416回:貨物路線の御開帳
- 鹿島臨海鉄道鹿島臨港線1 -

第417回:サファリ・トレイン
- 鹿島臨海鉄道鹿島臨港線2 -

第418回:44歳、ほろよい列車初体験
- こだま645号 -

第419回:雨、雪、晴れを駆け抜ける
- こだま645号(2) -

第420回:大阪の車窓から
- 大和路快速 大阪-天王寺 -

第421回:都市鉄道網の縦糸
- おおさか東線 -

第422回:地上と地下の乖離
- JR東西線 -

第423回:白く巨大な慰霊碑
- 福知山線 1 -

第424回:饒舌な運転席
- 福知山線 2 -

第425回:冷たい兵庫県区間
- 北近畿タンゴ鉄道 宮津線1 -

第426回:残念な名前
-北近畿タンゴ鉄道 宮津線2 -

第427回:この日、最も高単価な客
- 北近畿タンゴ鉄道 宮津線3 -

第428回:船から眺める回旋橋
- 天橋立観光船 -

第429回:しゃがんでGO!
- 天橋立鋼索鉄道 -

第430回:股のぞきの眼福
- 丹後海陸交通登山バス -

第431回:対岸のモノレール
- 天橋立ビューランド -

第432回:暇つぶしの絶景
- 丹後浪漫2号 -

第433回:引退プリンセス
- 北近畿タンゴ鉄道 宮福線 1 -

第434回:プリンセスの秘密
- 北近畿タンゴ鉄道 宮福線 2 -

第435回:グンゼの町を歩く
- 山陰本線 福知山 - 綾部 -

第436回:岸壁の母、その旅路
- 舞鶴線 -

第437回:若狭湾、青戸入江、小浜湾
- 小浜線 東舞鶴 - 小浜 -

第438回:実りある途中下車
- 蘇洞門めぐり遊覧船 -

第439回:原子力発電地帯
- 小浜線 小浜―敦賀 -

第440回:日本通のSeishun18
- 湖西線・奈良線 -

第441回:王寺駅前散歩
- 関西本線・和歌山線 -

第442回:地下鉄と夜行バス
- 大阪市営地下鉄御堂筋線 -

第443回:爆弾低気圧の余燼
- 高崎線・上越線 -

第444回:スキー場も振り替え対応
- 上越線 越後湯沢―ガーラ湯沢 -

第445回:倒木で新幹線運休
- ガーラ湯沢シャトルバス -

第446回:たぶん最後の200系
- 上越新幹線 -

第447回:ありそうみの夜明け
- ウイラーエクスプレス5323便 -

第448回:風の盆残像
- 高山本線 富山 - 越中八尾 -

第449回:水の恵み、宮川
- 高山本線 越中八尾 - 高山 -


■更新予定日:毎週木曜日