のらり 大好評連載中   
 
■店主の分け前~バーマンの心にうつりゆくよしなしごと
第195回:緊急掲載 ラグビー・ワールド・カップ2011開幕!!

更新日2011/09/08


「流行り歌に寄せて」を継続掲載している途中ですが、4年に一度のワールドカップ(以下:W杯)、どうしてもフリークの血が騒ぎ、開催中はラグビーについてのコラムになります。どうかご容赦いただき、少しでも関心のある方は、さらっと目を通してみてください。よろしくお願いいたします。

第7回ラグビーW杯2011が、9月9日(金)から10月23日(日)まで、ラグビー王国ニュージーランド(以下:NZ)で開催される。

王国と呼ばれ、常に世界最強と言われ続けてきたNZオールブラックス(事実、世界中のどの国との対戦成績でも圧倒的に勝ち越している)。しかし、オーストラリア(以下:豪州)との共同開催で1987年に行なわれた第1回大会で優勝して以来、24年間覇者の座からは遠のいている。

過去6大会の優勝国は、そのNZの1回の他は、豪州が2回、南アフリカ(以下:南ア)が2回、イングランドが1回となっていて、NZとしては南半球の宿敵2ヵ国に後れを取っている。

さらに、アパルトヘイト政策でW杯に参加できなかった南アの初参加は自国開催の第3回大会からで、その大会も含め4大会のうち2回優勝しているのに対し、NZは南ア参加後の優勝がない。これは王国にとってかなり屈辱的なことである。

ラグビーが国技であり、自国開催国として(しかも、単独開催ははじめて)、24年間の雪辱を果たすべく、NZ国民からは圧倒的な期待がかかっている。

何せ、W杯で優勝できない年はNZ内のDVが通常年の何割か増になるというほど、NZ中が過熱する球技である。多くの奥様方(一部のご亭主方)が暴力に苛まれる悲劇が起きないよう、オールブラックスは奮起しなくてはならない。

さて、NZの優勝の可能性は? 多くのメディアが伝えるように、今大会は間違いなくダントツの優勝候補である。もちろん、過去の大会でも同じことが言われてきてはいるものの、今年のチームには安定感がある。

W杯直前の南半球トライ・ネーションズ(NZ、豪州、南アの3ヵ国対抗戦)で、終盤の2試合で南ア、豪州に敗れたのも、力が落ちたのではなく、W杯のための調整をしながらの試合であったからだ。

ここ2、3回の今までのW杯では不思議なほどに、W杯前年にそのピークを迎えていた。判で押したように、頂点から力が下降してくる段階でW杯があったのだ。

今回も昨年あまりにも強く、また同じことが繰り返されるのかとも思えたが、今年はさらに強いチームに仕上がっている。キャプテンのリチャード・マコウ、ダニエル・カーター、コンラッド・スミスら主力選手が最後まで怪我をせずに、今のNZの実力通りのラグビーができれば、優勝は堅い。

他の強豪国については、次回のコラムで触れたい。

我がジャパンはどうか? ジョン・カーワン(以下:JK)がヘッド・コーチになったおかげで魅力的なチームに成長して、現在は世界ランキング13位。従前の大会よりも、かなり期待は持てる。

今回の日程は(世界ランキング、過去のジャパンから見た対戦成績)
9月10日(土) 対フランス戦〈4〉  0勝8敗   
9月16日(金) 対NZ戦〈1〉     0勝3敗
9月21日(水) 対トンガ戦〈12〉   7勝5敗    
9月27日(火) 対カナダ戦〈14〉  11勝9敗2分

弱小チームの悲しさ、中5日、中4日、中5日という驚くほどタイトな日程だが、当たるチームの順番は、ジャパンにとってたいへん幸運と言える。

10日のフランス戦は主力が全力でぶつかり、16日のNZ戦はBチームで横綱に胸を借り、21日のトンガ戦、27日のカナダ戦にすべてを賭けることができる。

フランスには、力は到底及ばないものの、JKジャパンのパフォーマンスはここまで来ているのだと言うことを示したい。フランスは強い相手には牙を剥くが、自分より格下のチームにはそれなりに合わせるラグビーをする。

だから、失点を40点以内で食い止めれば好ゲーム、30点以内であればジャパンは相当強いチームになったことになる。

NZとの16年前のW杯での対戦、17?145のスコア。この悪夢のような失点を、ぜひとも半分の80点以内に押さえたい。

16年前と同様、相手はBチームで来ることは間違いなく、彼らはその存在感を首脳陣にアピールするために容赦なく襲いかかってくる。タフなゲームになるのは必至だ。

トンガには過去勝ち越しており、先日のパシフィック・ネーションズでも勝利しているものの、この国はW杯になると豹変してくる。前回のW杯では優勝国南アに対し25-30、対イングランドにも20-36と接戦を演じた。

W杯では初対決。ジャパンが最も良いパフォーマンスを見せて、ようやく勝てる相手。何としても勝ってもらいたいと思う。

カナダは、前回のW杯終了寸前、平選手のトライ、大西選手のコンバージョンで同点に追いつき、引き分けたチーム。今回は引き離したい。

ジャパンの今の力では50%以上の確率で勝てる相手だが、先日のアメリカ戦のような消極的なゲームをしていれば、勝利をあっさりと持って行かれてしまう。粘り強くチャンスを作ってトライに結びつけ、ディフェンスを徹底していけば、必ず勝てるだろう。

JKジャパン、最高の試合をすることができれば2勝を挙げることが可能だが、その道のりは限りなく厳しい。

-…つづく

 

 

第196回:ラグビー・ワールドカップ プール戦 ハーフタイム

このコラムの感想を書く

 

 


金井 和宏
(かない・かずひろ)
著者にメールを送る

1956年、長野県生まれ。74年愛知県の高校卒業後、上京。
99年4月のスコットランド旅行がきっかけとなり、同 年11月から、自由が丘でスコッチ・モルト・ウイスキーが中心の店「BAR Lismore
」を営んでいる。
Lis. master's voice


バックナンバー

第1回:I'm a “Barman”~
第50回:遠くへ行きたい
までのバックナンバー

第51回:お国言葉について ~
第100回:フラワー・オブ・スコットランドを聴いたことがありますか
までのバックナンバー

第101回:小田実さんを偲ぶ~
第150回:私の蘇格蘭紀行(11)
までのバックナンバー


第151回:私の蘇格蘭紀行(12)

第152回:私の蘇格蘭紀行(13)
第153回:私の蘇格蘭紀行(14)
第154回:私の蘇格蘭紀行(15)
第155回:私の蘇格蘭紀行(16)
第156回:私の蘇格蘭紀行(17)
第157回:私の蘇格蘭紀行(18)
第158回:私の蘇格蘭紀行(19)
第159回:私の蘇格蘭紀行(20)
第160回:私の蘇格蘭紀行(21)
第161回:私の蘇格蘭紀行(22)
第162回:私の蘇格蘭紀行(23)

第163回:私の蘇格蘭紀行(24)
第164回:私の蘇格蘭紀行(25)
第165回:私の蘇格蘭紀行(26)
第166回:私の蘇格蘭紀行(27)
第167回:私の蘇格蘭紀行(28)
第168回:私の蘇格蘭紀行(29)
第169回:私の蘇格蘭紀行(30)
第170回:私の蘇格蘭紀行(31)
第171回:私の蘇格蘭紀行(32)
第172回:走れ! 愛馬"リズモア"(前)
第173回:走れ! 愛馬"リズモア"(後)
第174回:ラグビーW杯まであと1年 (前)
第175回:ラグビーW杯まであと1年 (中)
第176回:ラグビーW杯まであと1年 (後)
第177回:若き二人のワラビー
第178回:常用漢字四世が誕生
第179回:動転ともにフレンドリーに行こう
第180回:卯→うさぎで思い出すこと
第181回:三洋、悲願の社会人№1なるか?
第182回:十三本、三絃、五孔ー邦楽器に寄せて
第183回:流行り歌に寄せて ~序章~
第184回:流行り歌に寄せて No.1
「リンゴの唄」~昭和21年(1946年)

第185回:流行り歌に寄せて No.2
「かえり船」~昭和21年(1946年)

第186回:流行り歌に寄せて No.3
「胸の振子」~昭和22年(1947年)

第187回:流行り歌に寄せて No.4
「港が見える丘」~昭和22年(1947年)

第188回:流行り歌に寄せて No.5
「星の流れに」~昭和22年(1947年)

第189回:流行り歌に寄せて No.6
「夜霧のブルース」~昭和22年(1947年)

第190回:流行り歌に寄せて No.7
「東京ブギウギ」~昭和22年(1947年)

第191回:流行り歌に寄せて No.8
「フランチェスカの鐘」~昭和23年(1948年)

第192回:流行り歌に寄せて №9
「憧れのハワイ航路」~昭和23年(1948年)

第193回:流行り歌に寄せてNo.10
「東京の屋根の下」~昭和23年(1948年)

第194回:流行り歌に寄せてNo.11
「青い山脈」~昭和24年(1949年)

■更新予定日:隔週木曜日



  TOP-トップページ》 《コラム一覧 》 《のらりインタビュー》 《コラム・バックナンバー
……………………………………現在連載コラム……………………………………
新・汽車旅日記 】 【店主の分け前 】 【イビサ物語
 【亜米利加よもやま通信 】 【ギュスターヴ・ドレとの対話 】 【よりみち
………………………………掲載完了イチオシコラム………………………………
[拳銃家業 ] [貿易風の吹く島から ] [ くらり、スペイン ] [グレートプレーンズのそよ風 ]  
  [フロンティア時代のアンチヒーローたち ]

    

このサイトに関するご意見・ご感想・お問い合わせはこちらまで。
Copyrights 2019 Norari