■亜米利加よもやま通信 ~コロラドロッキーの山裾の町から


Grace Joy
(グレース・ジョイ)



中西部の田舎で生まれ育ったせいでょうか、今でも波打つ小麦畑や地平線まで広がる牧草畑を見ると鳥肌が立つほど感動します。

現在、コロラド州の田舎町の大学で言語学を教えています。専門の言語学の課程で敬語、擬音語を通じて日本語の面白さを知りました。




第1回~第50回まで

第51回:スポーツ・イベントの宣伝効果
第52回:国家の品格 その1
第53回:国家の品格 その2
第54回:国家の品格 その3
第55回:国家の品格 その4
第56回:人はいかに死ぬのか
第57回:人はいかに死ぬのか~その2
第58回:ガンをつける
第59回:死んでいく言語
第60回:アメリカの貧富の差
第61回:アメリカの母の日
第62回:アメリカの卒業式
第63回:ミャンマーと日本は同類項?
第64回:ミャンマーと民主主義の輸入
第65回:日本赤毛布旅行
第66回:日本赤毛布旅行 その2
第67回:日本赤毛布旅行 その3
第68回:スポーツ・ファッション
第69回:スペリング・ビー(Spelling Bee)
第70回:宗教大国アメリカ
第71回:独立記念日と打ち上げ花火
第72回:ティーンエイジャーのベビーブーム
第73回:アメリカで一番有名な日本人
第77回:ロパクってなんのこと?
第78回:派手な政治ショーと選挙
第79回:「蟠桃賞」をご存知ですか?
第80回:日本の国際化と国際化した日本人
第81回:またまた大統領選挙
第82回:またまた大統領選挙 その2
第83回:勝海舟と700,000,000,000ドル
第84回:長生きをする秘訣は?
第85回:歴史的瞬間
第86回:日本旅行で困ったこと?
第87回:大統領選挙の怪
第88回:"パーキンソンの法則"と金銭感覚
第89回:アメリカ合州国大統領の犬
第90回:コロラドロッキーの冬
第91回:英語にはない『反省』という言葉
第92回:師走とヘンデルの救世主「メサイア」
第94回:不況の中でも好況な商売とは・・・
第95回:伝染する幸福感
第96回:オバマ祭りの終わり


■更新予定日:毎週木曜日

第97回:本当の移民二世

更新日2009/02/05


政治的にあまりに感情的になるアメリカ人に幼児性を見つけ、苦い思いを抱いていたはずの私も、オバマ旋風に巻き込まれてしまいました。

オバマはケニヤ人を父親に持つ二世ですが、初めての"黒人"大統領という面ばかりが強調されすぎているように思います。黒人の血は外見にすぐに表れますから識別しやすく、カテゴリーに分けやすいのでしょう。彼個人の中では"黒人"という側面は、人格のほんの一部だと私は見ています。

アメリカは移民で成り立っている国だとよく言われます。だからケニヤの二世が大統領になっても不思議はないと思われているようです。

しかし、移民で成り立っている国はアメリカだけではありません。北米、南米、ニュージーランド、オーストラリアは3、400年前まで僅かな原住民しか住んでいない部族社会の土地でした。むしろ北米の原住民であるナバホ族、アパッチ族、南米ではインディオ、ニュージーランド、オーストラリアで、マオリやアボリジニの大統領、首相が今まで生まれなかったことの方が不思議です。

ヨーロッパ内でも盛んに民族の大移動が起りましたし、近年でも大量の移民を受け入れています。保守的なお国柄と言われるフランスのサルジコ大統領もハンガリーからの移民二世です。

南米で日系人の政治家は珍しくありませんし、フジモリさん(もとペルーの大統領)はまだ日本国籍を併せ持つ二重国籍所持者でした。

アメリカに目を移すと、一世の政治家が沢山います。有名なところではキッシンジャー、オウブライト、シュワルツネッガーらは外国生まれの一世です。大統領の職だけは"アメリカ国土で生まれで、アメリカ国籍を有するもの"という条件があるので、一世たちは大統領になることはできませんが、大統領以外の職業、州知事、閣僚、上下議員、すべてに開かれています。スペイン語を流暢に話す、完全なバイリンガルのメキシコ系、中米系の議員、市長、知事はアメリカで数えるイトマがないほど沢山います。

私の古くからの友人に大阪に住む韓国人二世がいます。彼の両親は半ば強制的に日本に連れてこられ、彼は戦後日本で生まれた朝鮮語を話せない在日韓国人二世です。彼が結婚する時、日本人の娘さんの両親が大反対をし、とても悩んでいたのに驚きました。未だにそのような偏見が残っていることにショックを受けたのです。

私がウチのダンナサンと結婚した大昔でも、私やダンナサンの家族、親類に人種が違うからと反対されるなんて想像外のことでした。

ウチのダンナさんは、日本の混沌とした、仲良し子供会のような料亭政治を潰さなければだめだ、それには親譲りの2世3世を同じ選挙区から立候補するのを禁止し、韓国人、中国人、東南アジアからの本当の一世、二世が日本の閣僚や首相の地位につける政治体制にならなければ、日本自体が潰れる、とケニア人二世がアメリカの大統領に就任したのを観て、憤っていました。

日本の議員さんや大臣の中に何人親譲りの二世、三世がいて、外国系の本当の二世、三世が何人いるのか、どなたか教えてくれませんか?

相撲の世界ではあれだけ外国人が活躍し、現実として大相撲を支え、救っているのですから、政治の世界でも、海外からの一世、二世に活躍の場を与えれば日本の政治も良くなるはずです…と私の政治感覚はどうも相撲の範囲から出ることができないようです。

 

 

第98回:雪の朝の楽しみ

 


 

 

 

 

 

 

 
 TOP-トップページ》 《コラム一覧 》 《のらりインタビュー》 コラム・バックナンバー
……………………………………現在連載コラム……………………………………
新・汽車旅日記 】 【店主の分け前 】 【イビサ物語
亜米利加よもやま通信 】 【よりみち
………………………………掲載完了イチオシコラム………………………………
  [拳銃家業 ] [貿易風の吹く島から ] [くらり、スペイン ] [グレートプレーンズのそよ風 ]
[フロンティア時代のアンチヒーローたち ]

   
このサイトに関するご意見・ご感想・お問い合わせはこちらまで。

Copyrights 2018 Norari