■亜米利加よもやま通信 ~コロラドロッキーの山裾の町から


Grace Joy
(グレース・ジョイ)



中西部の田舎で生まれ育ったせいでょうか、今でも波打つ小麦畑や地平線まで広がる牧草畑を見ると鳥肌が立つほど感動します。

現在、コロラド州の田舎町の大学で言語学を教えています。専門の言語学の課程で敬語、擬音語を通じて日本語の面白さを知りました。




第1回~第50回まで

第51回:スポーツ・イベントの宣伝効果
第52回:国家の品格 その1
第53回:国家の品格 その2
第54回:国家の品格 その3
第55回:国家の品格 その4
第56回:人はいかに死ぬのか
第57回:人はいかに死ぬのか~その2
第58回:ガンをつける
第59回:死んでいく言語
第60回:アメリカの貧富の差
第61回:アメリカの母の日
第62回:アメリカの卒業式
第63回:ミャンマーと日本は同類項?
第64回:ミャンマーと民主主義の輸入
第65回:日本赤毛布旅行
第66回:日本赤毛布旅行 その2
第67回:日本赤毛布旅行 その3
第68回:スポーツ・ファッション
第69回:スペリング・ビー(Spelling Bee)
第70回:宗教大国アメリカ
第71回:独立記念日と打ち上げ花火
第72回:ティーンエイジャーのベビーブーム
第73回:アメリカで一番有名な日本人
第77回:ロパクってなんのこと?
第78回:派手な政治ショーと選挙
第79回:「蟠桃賞」をご存知ですか?
第80回:日本の国際化と国際化した日本人
第81回:またまた大統領選挙
第82回:またまた大統領選挙 その2
第83回:勝海舟と700,000,000,000ドル
第84回:長生きをする秘訣は?
第85回:歴史的瞬間
第86回:日本旅行で困ったこと?
第87回:大統領選挙の怪
第88回:"パーキンソンの法則"と金銭感覚
第89回:アメリカ合州国大統領の犬
第90回:コロラドロッキーの冬
第91回:英語にはない『反省』という言葉
第92回:師走とヘンデルの救世主「メサイア」


■更新予定日:毎週木曜日

第94回:不況の中でも好況な商売とは・・・

更新日2009/01/15


昨年に続き今年も大変な不況が続きそうです。経済そのものの仕組みがどこか狂っているのでしょうか、働く意欲も能力もある人が、何百万人単位で失業しているのをみると、今回の不況は相当根が深く、長く続きそうな気配です。

私の住んでいる、こんな小さな町のショッピングモール内のお店でもベニア板を打ちつけ閉店しているのところが目立ち始め、もともと細々とやっていた旧市街のメインストリートのお店は軒並みに閉店しています。

果樹園でも、季節労務者を雇って収穫しても引き合わないので、梨やりんごを木から落ちるままにしているところが多くなりました。炎天下で歌を唄いながら陽気に働いていたメキシコ人の季節労働者はどうなったのかしら。

その一方で、不況風が吹くほど繁盛しているお店があります。
私たちも愛用している、救世軍の古道具、古着屋です。「スリフトショップ」と呼ばれ、いらなくなったものをタダで寄贈してもらい、それに格安の値段をつけて売り、慈善事業の資金にするお店です。

救世軍は老舗ですが、他にアルコール中毒救済協会、麻薬中毒患者救済協会、個々の教会が主催するもの、など数多くあります。いらなくなったものを寄贈してもらい、しかも店員さんはボランティアでお給料はなしですから、売っているものが高かろうはずがありません。衣料品から家具、電化製品、スポーツ用品何でも揃います。

最近、「グッド・ウイル」というしゃれたスリフトショップがオープンしました。バスケットのコートが5面くらい入る、外見はまるで普通のデパートと同じような大きな建物を新築しました。内部もとても明るく、書籍コーナーには椅子やテーブルを置き、タダでコーヒーが飲めるようにさえなっています。

ウチのダンナさんのお気に入りの店は「ハビタット」といい、建築資材、工具、ドア、窓、家具、事務機器専門のスリフトショップです。主に建築業者が一仕事終えた後に出た半端な建材を寄付したり、見本市で使ったスタンドや仕切り壁、家具を持ち込んだりで、真新しい建材を格安で売っています。ハビタットもスーパーマーケットのようにとても大きなお店を新築、開店したばかりです。

様々なタイプのスリフトショップは今どこも大変な人気で、売り上げも昨年に比べ2倍以上になっています。

もう一つ、奇妙な現象が起きています。
ガンショップ、銃砲店が売り上げを異状に伸ばしています。文字通り棚が空になるほどの売れ行きで、人気商品のAK-47とかM-16などオートマチック銃(マシンガンになるという意味だと思います)は生産が間に合わないほどで、注文を受けてから3、4ヵ月待ちの状態だそうです。

そんな銃に使う弾も、誰が買いだめしているのでしょうか、在庫切れの状態で、銃砲店は異例の好景気に沸いています。あるテキサスの銃砲店では、売り上げが400%伸びたといっていました。

この異常な銃砲ブームは、オバマ氏が大統領に就任するとすぐに銃砲規制を強め、マシンガンが買いにくくなるという見通しから、ガンマニアが今のうちにと、殺到したもののようです。アメリカにはそんなにたくさんガンマニアがいることに驚きました。

すべての道具と同じように、新しく買った鉄砲も必ず試してみたくなるのは心情でしょう。鉄砲と弾を飾っておくだけではないでしょうから。どこでどのような試し撃ちをするのか、その中で何人か標的を間違えたり、プッツリ切れたとき手元にあるマシンガンやピストルで乱射する人が出たらどうなるのか考えるだけでゾッとします。

スリフトショップと銃砲店が不況に強い二大商売なのです。

 

 

第95回:伝染する幸福感


 

 
 TOP-トップページ》 《コラム一覧 》 《のらりインタビュー》 コラム・バックナンバー
……………………………………現在連載コラム……………………………………
新・汽車旅日記 】 【店主の分け前 】 【イビサ物語
亜米利加よもやま通信 】 【よりみち
………………………………掲載完了イチオシコラム………………………………
  [拳銃家業 ] [貿易風の吹く島から ] [くらり、スペイン ] [グレートプレーンズのそよ風 ]
[フロンティア時代のアンチヒーローたち ]

   
このサイトに関するご意見・ご感想・お問い合わせはこちらまで。

Copyrights 2018 Norari