のらり 大好評連載中   
 
■店主の分け前~バーマンの心にうつりゆくよしなしごと
第231回:流行り歌に寄せて No.41 「ここに幸あり」 ~昭和31年(1956年)

更新日2013/04/04

いよいよ、昭和30年代である。昭和31年から昭和40年までの10年間の流行り歌である。と力の入ってしまうのは、私が昭和31年1月の生まれだからだ。

これからの曲はすべて私の生まれた後の作品だとなれば、極端に言えばリアルタイムで聴いた曲ばかりとなり、俄然力が入る。そこで、さて記念すべき!? 昭和31年1月リリースの曲はないかと探してみたが、残念ながら見当たらない。

まったくの蛇足だが、ジャズの世界では、レスター・ヤング、テディ・ウイルソンの『プレス・アンド・テディ』やチャールズ・ミンガスの『直立猿人』、ジョン・ルイスの『グランド・エンカウンター』などの名盤が昭和31年1月の録音。自分と同年同月生まれと、秘かに誇らしくほくそ笑んでいるのだが…歌謡曲にはないのだろうか。

この年の最初に生まれたヒット曲が、3月に発売された『ここに幸あり』。これも繰り返し、繰り返し母が歌っていた歌であり、おそらく私は、ずっと背中の上で聴かされていたのだと思う。

「ここに幸あり」 高橋掬太郎:作詞 飯田三郎:作曲 大津美子:歌 

嵐も吹けば 雨も降る

女の道よ なぜ険し

君を頼りに 私は生きる

ここに幸あり 青い空


誰にもいえぬ 爪のあと

心にうけた 恋の鳥

ないてのがれて さまよい行けば

夜の巷の 風かなし


命のかぎり 呼びかける

こだまのはてに 待つは誰

君によりそい 明るく仰ぐ

ここに幸あり 白い雲


歌手の大津美子は、今から60年前の昭和28年、愛知県豊橋の桜ヶ丘高校1年生の時、作曲家渡久地政信に弟子入りする。

わずか15歳の少女が、毎週土曜日の東海道線の夜行に乗って上京し、翌日の日曜日、渡久地による昼のレッスンを受け、再び帰郷し、翌日から一週間高校へ通うという生活をしていたのだ。まさに「根性」という言葉が相応しい姿勢である。

そして、その翌々年の昭和30年7月、渡久地に作ってもらった『千鳥のブルース』でキングレコードから念願のデビューを果たし、2カ月後の9月、やはり恩師の作曲による『東京アンナ』は大きなヒット曲になる。渡久地にとっても『上海帰りのリル』『お冨さん』に続く名作となった。

その渡久地がキングからビクターに移籍したため、悲しむ大津は新たな「恩師」探しをしなくてはならなくなるが、彼女は強運の持ち主だったのだろう、キングはすぐに飯田三郎を紹介することになる。

飯田は、同じ北海道根室出身の作詞家・高橋掬(きく)太郎と組み、岡晴夫の『啼くな小鳩よ』などのヒットを出していたが、昭和31年同じコンビで『ここに幸あり』を作り上げた。

この曲は、同コンビでの作品『かりそめの恋』『東京恋歌』などに続き、キングの専属歌手三条町子が歌うために用意されたものだった。ところが三条は出産を控えていたため、後輩である大津に歌う機会が回ってきたのである。

大津は、実力、根性とともに強運の持ち主の歌手だったともいえよう。『ここに幸あり』の歌詞の内容を見れば、当時30歳を過ぎていた三条が歌うのに適した、女性としての多くの苦労を経験してきた、いわば「大人の女」の曲である。

それを急遽、まだ高校を卒業するかしないかの「娘さん」である大津が歌い、今でも多くの人に歌い継がれるようなスタンダードになったのだから。そして、大津は75歳を迎えた現在でも、現役の歌手であり続けている。

ところで、作詞家の高橋は『酒は涙か溜息か』『利根の舟歌』『雨に咲く花』『古城』などの素晴らしい歌詞を書いた人であるが、このコラムには初めての登場である。

彼の手による今回の『ここに幸あり』の歌詞。テレビなどでは1番と3番はよく歌われるので耳に馴染んでいるが、2番の歌詞を今回写していて少なからず驚いた。

1番と3番に歌われる「君」以外の男性との辛い恋の体験を、抽象的な表現ながら、しっかり描き込んでいる。この2番がないと、この歌の真意が理解できない大切な部分であると思う。

2番の体験により「君」の存在が、よりかけがえのないものになるような、そんな気がするのである。

-…つづく

 

 

第232回:流行り歌に寄せて No.42 「若いお巡りさん」 ~昭和31年(1956年)

このコラムの感想を書く

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


金井 和宏
(かない・かずひろ)
著者にメールを送る

1956年、長野県生まれ。74年愛知県の高校卒業後、上京。
99年4月のスコットランド旅行がきっかけとなり、同 年11月から、自由が丘でスコッチ・モルト・ウイスキーが中心の店「BAR Lismore
」を営んでいる。
Lis. master's voice


バックナンバー

第1回:I'm a “Barman”~
第50回:遠くへ行きたい
までのバックナンバー

第51回:お国言葉について ~
第100回:フラワー・オブ・スコットランドを聴いたことがありますか
までのバックナンバー

第101回:小田実さんを偲ぶ~
第150回:私の蘇格蘭紀行(11)
までのバックナンバー


第151回:私の蘇格蘭紀行(12)
第200回:流行り歌に寄せてNo.12
までのバックナンバー



第201回:流行り歌に寄せてNo.13
「星影の小径」~昭和24年(1949年)

第202回:流行り歌に寄せてNo.14
「午前2時のブルース」~昭和24年(1949年)

第203回:流行り歌に寄せてNo.15
「長崎の鐘」~昭和24年(1949年)

第204回:流行り歌に寄せてNo.16
「水色のワルツ」~昭和25年(1950年)

第205回:流行り歌に寄せてNo.17
「熊祭(イヨマンテ)の夜」~昭和25年(1950年)

第206回:流行り歌に寄せてNo.18
「買い物ブギー」~昭和25年(1950年)

第207回:流行り歌に寄せてNo.19
「サム・サンデー・モーニング」~昭和25年(1950年)

第208回:流行り歌に寄せてNo.20
「東京キッド」~昭和25年(1950年)

第209回:流行り歌に寄せてNo.21
「ミネソタの卵売り」~昭和26年(1951年)

第210回:流行り歌に寄せてNo.22
「野球小僧」~昭和26年(1951年)

第211回:流行り歌に寄せてNo.23
「上海帰りのリル」~昭和26年(1951年)

第212回:流行り歌に寄せてNo.24
「リンゴ追分」~昭和27年(1952年)

第213回:流行り歌に寄せてNo.25
「ゲイシャ・ワルツ」~昭和27年(1952年)

第214回:流行り歌に寄せてNo.26
「テネシー・ワルツ」~昭和27年(1952年)

第215回:流行り歌に寄せてNo.27
「街のサンドイッチマン」~昭和28年(1953年)

第216回:流行り歌に寄せてNo.28
「想い出のワルツ」~昭和28年(1953年)

第217回:流行り歌に寄せてNo.29
「君の名は」~昭和28年(1953年)

第218回:流行り歌に寄せてNo.30
「高原列車は行く」~昭和29年(1954年)

第219回:流行り歌に寄せてNo.31
「お富さん」~昭和29年(1954年)

第220回:流行り歌に寄せてNo.32
「岸壁の母」~昭和29年(1954年)

第221回:流行り歌に寄せてNo.33
「野球拳」~昭和29年(1954年)

第222回:流行り歌に寄せてNo.34
「この世の花」~昭和30年(1955年)

第223回:流行り歌に寄せてNo.35
「月がとっても青いから」~昭和30年(1955年)

第224回:流行り歌に寄せてNo.36
「カスバの女」~昭和30年(1955年)

第225回:流行り歌に寄せてNo.37
「ガード下の靴みがき」~昭和30年(1955年)

第226回:流行り歌に寄せてNo.38
「銀座の雀」~昭和30年(1955年)

第227回:流行り歌に寄せてNo.39
「ジャンケン娘」~昭和30年(1955年)

第228回:流行り歌に寄せてNo.40
「別れの一本杉」~昭和30年(1955年)

第229回:流行り歌に寄せて 番外編1-1
~昭和20年代を振り返って

第230回:流行り歌に寄せて 番外編1-2
~昭和20年代を振り返って その2


■更新予定日:隔週木曜日



  TOP-トップページ》 《コラム一覧 》 《のらりインタビュー》 《コラム・バックナンバー
……………………………………現在連載コラム……………………………………
新・汽車旅日記 】 【店主の分け前 】 【イビサ物語
 【亜米利加よもやま通信 】 【ギュスターヴ・ドレとの対話 】 【よりみち
………………………………掲載完了イチオシコラム………………………………
[拳銃家業 ] [貿易風の吹く島から ] [ くらり、スペイン ] [グレートプレーンズのそよ風 ]  
  [フロンティア時代のアンチヒーローたち ]

    

このサイトに関するご意見・ご感想・お問い合わせはこちらまで。
Copyrights 2019 Norari