のらり 大好評連載中   
 
■店主の分け前~バーマンの心にうつりゆくよしなしごと
第219回:流行り歌に寄せてNo.31 「お富さん」~昭和29年(1954年)

更新日2012/09/27

今から8年と少し前、このコラムの第31回『未練化粧』というタイトルで、歌の聞き間違い、思い込みについて書かせていただいた拙文の中に、下記の一節がある。

(前略)

春日八郎が歌った古典的名曲『お富さん』の冒頭を、ずっと「粋な黒兵衛 御輿の祭」と信じ込んでいた。

小粋な黒兵衛さんが、お祭りで御輿を担いでいたときに、たまたま久し振りにお富さんと出会したという歌だと思っていたのだ。だから、この物語の登場人物は黒兵衛さんとお富さんで、私の中では「切られ与三」という人物は存在していなかった。

本当の詞が「粋な黒塀 見越しの松に」であることを知ったのは、二十歳を過ぎて、さらに時間が経過した後だった。

(後略)

思い込みというのは、なかなか解けないものかも知れない。この思い込みの背景には、私の幼いときの思い出も影響しているのだろう。この歌は母の愛唱歌のひとつで、私が小学校の低学年頃まではよく口ずさんでいた。

それを聞いていた私には、歌詞の意味がまったく分らないので、時々母に尋ねたのである。「ねえお富さんて、誰?」「何やってる人なの、どうして死んだはずだったんだろう?」

母が、この歌の元となった歌舞伎『与話情浮名横櫛』の内容をどこまで理解していたかは別にして、自分では好きで口ずさんでいながら、囲われている女性のことを始め、いろいろと子どもにはあまり教えたくない世界観であったのだろう。

「ごめんね、よくわからないからお話しできない。お前はまだ小さいんだから別に知らなくていいんだよ」、そして「それより、ちゃんと校歌覚えたの。お母さんに聞かせてくれない?」などと、体よくごまかそうとしていた。

こちらも、それ以上は話をしてはいけないものだと何となく悟り、ようやく三番まで歌えるようになった校歌を、歌い始めたりするのである。

「お富さん」 山崎正:作詞 渡久地政信:作曲 春日八郎:歌
1.
粋な黒塀 見越しの松に 仇な姿の 洗い髪 

死んだ筈だよ お富さん

生きていたとは お釈迦さまでも 知らぬ仏の お富さん

エッサオー 玄治店(げんやだな)

2.
過ぎた昔を 恨むじゃないが 風も沁みるよ 傷の痕

久しぶりだな お富さん
 
今じゃ呼び名も 切られの与三(よさ)よ これで一分じゃ お富さん

エッサオー すまされめえ

3.
かけちゃいけない 他人の花に 情かけたが 身のさだめ

愚痴はよそうぜ お富さん

せめて今夜は さしつさされつ 飲んで明かそよ お富さん

エッサオー 茶わん酒

4.
逢えばなつかし 語るも夢さ 誰が弾くやら 明烏(あけがらす)

ついてくる気か お富さん

命みじかく 渡る浮世は 雨もつらいぜ お富さん

エッサオー 地獄雨


さて、この頃の歌謡界にはよくある話のようだが、春日八郎の代表曲であるこの『お富さん』は、実は当初、岡晴夫が歌う予定になっていた。ところが、岡がその直前にキングレコードを離れてフリーの歌手になったため、キングは後釜を探し始める。

若手の若原一郎(当時22歳)などの名が上がっていたが、キングレコードの文芸部担当重役の推挙で、春日八郎に歌わせることになった。彼は、長い間の下積みの後、『赤いランプの終列車』をようやく2年前にスマッシュ・ヒットさせたが、それ以降また曲に恵まれていなかった。

春日は、その年の終わりには30歳を迎えようという、当時としてはあまり売れないが、すでにベテラン歌手だったのである。そして、この『お富さん』の大ヒット(120万枚)以降、「演歌歌手」の第一人者として、長く芸能界をリードしていくことになる。

そして、1991年10月、彼が肝硬変により67歳で亡くなったその葬儀の席で、参列者によって合唱されたのが、この『お富さん』だったという。

音楽とは不思議なものである。明るく艶っぽく、リズム感のあるこの歌は、却って参列者の悲しみを誘ったことだろう。もう一度しみじみこの歌を聴いて、そんな気がするのである。

-…つづく

 

 

第220回:流行り歌に寄せてNo.32 「岸壁の母」~昭和29年(1954年)

このコラムの感想を書く

 

 


金井 和宏
(かない・かずひろ)
著者にメールを送る

1956年、長野県生まれ。74年愛知県の高校卒業後、上京。
99年4月のスコットランド旅行がきっかけとなり、同 年11月から、自由が丘でスコッチ・モルト・ウイスキーが中心の店「BAR Lismore
」を営んでいる。
Lis. master's voice


バックナンバー

第1回:I'm a “Barman”~
第50回:遠くへ行きたい
までのバックナンバー

第51回:お国言葉について ~
第100回:フラワー・オブ・スコットランドを聴いたことがありますか
までのバックナンバー

第101回:小田実さんを偲ぶ~
第150回:私の蘇格蘭紀行(11)
までのバックナンバー


第151回:私の蘇格蘭紀行(12)
第200回:流行り歌に寄せてNo.12
までのバックナンバー



第201回:流行り歌に寄せてNo.13
「星影の小径」~昭和24年(1949年)

第202回:流行り歌に寄せてNo.14
「午前2時のブルース」~昭和24年(1949年)

第203回:流行り歌に寄せてNo.15
「長崎の鐘」~昭和24年(1949年)

第204回:流行り歌に寄せてNo.16
「水色のワルツ」~昭和25年(1950年)

第205回:流行り歌に寄せてNo.17
「熊祭(イヨマンテ)の夜」~昭和25年(1950年)

第206回:流行り歌に寄せてNo.18
「買い物ブギー」~昭和25年(1950年)

第207回:流行り歌に寄せてNo.19
「サム・サンデー・モーニング」~昭和25年(1950年)

第208回:流行り歌に寄せてNo.20
「東京キッド」~昭和25年(1950年)

第209回:流行り歌に寄せてNo.21
「ミネソタの卵売り」~昭和26年(1951年)

第210回:流行り歌に寄せてNo.22
「野球小僧」~昭和26年(1951年)

第211回:流行り歌に寄せてNo.23
「上海帰りのリル」~昭和26年(1951年)

第212回:流行り歌に寄せてNo.24
「リンゴ追分」~昭和27年(1952年)

第213回:流行り歌に寄せてNo.25
「ゲイシャ・ワルツ」~昭和27年(1952年)

第214回:流行り歌に寄せてNo.26
「テネシー・ワルツ」~昭和27年(1952年)

第215回:流行り歌に寄せてNo.27
「街のサンドイッチマン」~昭和28年(1953年)

第216回:流行り歌に寄せてNo.28
「想い出のワルツ」~昭和28年(1953年)

第217回:流行り歌に寄せてNo.29
「君の名は」~昭和28年(1953年)

第218回:流行り歌に寄せてNo.30
「高原列車は行く」~昭和29年(1954年)


■更新予定日:隔週木曜日



  TOP-トップページ》 《コラム一覧 》 《のらりインタビュー》 《コラム・バックナンバー
……………………………………現在連載コラム……………………………………
新・汽車旅日記 】 【店主の分け前 】 【イビサ物語
 【亜米利加よもやま通信 】 【ギュスターヴ・ドレとの対話 】 【よりみち
………………………………掲載完了イチオシコラム………………………………
[拳銃家業 ] [貿易風の吹く島から ] [ くらり、スペイン ] [グレートプレーンズのそよ風 ]  
  [フロンティア時代のアンチヒーローたち ]

    

このサイトに関するご意見・ご感想・お問い合わせはこちらまで。
Copyrights 2019 Norari