■新・汽車旅日記~平成ニッポン、いい日々旅立ち


杉山淳一
(すぎやま・じゅんいち)


1967年生まれ。東京出身。東急電鉄沿線在住。1996年よりフリーライターとしてIT、PCゲーム、Eスポーツ方面で活動。現在はほぼ鉄道専門。Webメディア連載「鉄道ニュース週報(マイナビ)」「週刊鉄道経済(ITmedia)」「この鉄道がすごい(文春オンライン)」「月刊乗り鉄話題(ねとらぼ)」などWebメディアに多数執筆。「鉄旅オブザイヤー」最終選考委員。




第1回~第50回まで

第51回~第100回まで

第101回~第150回まで

第151回~第200回まで

第201回:ややこしいきっぷ
-長崎編・序1-
第202回:三重県の百代目
-のぞみ19号・近鉄名古屋線-

第203回:大和路を北へ
-近鉄橿原線-

第204回:塔のある街
-近鉄京都線-

第205回:京都駅発周遊コース
-京都市営バス・阪急京都線-

第207回:嵐山のターミナル
-京福電鉄嵐山線-

第208回:室町時代を通過する
-京福電鉄北野線-

第209回:東風吹けど……
-京福電鉄嵐山本線-

第210回:2日ぶりのベッド
-寝台特急あかつき・前編-
第211回:朝日が射す部屋
-寝台特急あかつき・後編-

第212回:干拓の風景
-島原鉄道 前編-

第213回:神話が生まれるとき
-島原鉄道 中編-

第214回:とかげのしっぽ
-島原鉄道 後編-

第215回:がしんたれ
-島原鉄道・島鉄バス-

第216回:爆心地
-長崎電気軌道1-

第217回:片道だけの3号系統
-長崎電気軌道2-

第218回:路地裏の展望台
-長崎電気軌道3-

第219回:丘を越えて海へ
-長崎本線(旧線)-

第220回:バブル経済の功績
-大村線-

第221回:大きな窓と開く窓
-JR佐世保線・松浦鉄道-

第222回:歌姫にさよならを
-筑肥線・非電化区間-

第223回:佐賀県縦断
-唐津線-

第224回:虹ノ松原
-筑肥線・電化区間-

第225回:不振路線の夢
-福岡市営地下鉄七隈線-

第226回:紅葉さがし
-御岳ケーブルカー-

第227回:青梅~登戸~伊勢原
-南武線・小田急線-

第228回:自分の杖で進め
-大山ケーブルカ-

第229回:ミステリー列車にようこそ
-快速むさしの2号-

第230回:懐かしの信州路
-長野新幹線ー

第231回:みんなロマンスカーが大好き
-長野電鉄長野線ー

第232回:白銀の道
-長野電鉄長野線2ー

第233回:長野電鉄沿線散歩
-湯田中・小布施ー

第234回:みどころ、すべて通過
-長野電鉄屋代線ー

第235回:普段着で温泉へ
-福島交通飯坂線1ー

第236回:幻の駅を探して
-福島交通飯坂線2ー

第237回:苦心のキャッチフレーズ
-阿武隈急行1ー

第238回:転車台と城跡とロケット
-阿武隈急行2ー

第239回:空と大地の間
-仙台空港鉄道ー

第240回:ひとりだけ、わがまま
-地下鉄谷町線 東梅田~大日ー

第241回:太陽の塔に出迎えられて
-大阪モノレールー

第242回:期間限定・町の芸術
-日暮里駅ー

第243回:難所越えの名所
-日暮里・舎人ライナー 1-

第244回:遊歩道散歩
-日暮里・舎人ライナー 2-

第245回:故郷の変貌
-東急大井町線-

第246回:線路が描く未来
-東急目黒線-

第247回:美少女の通学路
-横浜市営地下鉄グリーンライン 1-

第248回:氷菓子日和
-横浜市営地下鉄グリーンライン 2-



■連載完了コラム
感性工学的テキスト商品学
~書き言葉のマーケティング
 
[全24回] 
デジタル時事放談
~コンピュータ社会の理想と現実
 
[全15回]

■著書

『知れば知るほど面白い鉄道雑学157』
杉山 淳一 著(リイド文庫)


■更新予定日:毎週木曜日

 
第249回:"地宙船"の旅 -地下鉄副都心線1-

更新日2008/07/17


「うどん屋さんが燃えちゃったんですよ」
「え、燃えちゃったの」
「ホームページが閉鎖されちゃって、変だと思って電話してみたら、火事で焼けちゃったって」

日曜日の午前10時。渋谷のハチ公前で待ち合わせ。周りは若い女の子ばかりで華やかだ。しかし私の待ち合わせは男二人。ひとりは先日、日暮里・舎人ライナーに同行したH君。もうひとりのN君も私たちのH君と同じ仕事仲間だ。私が、「そろそろ地下鉄副都心線に乗ろうかな」と言ったら、二人とも興味を示した。ただし鉄道好きと言うことではなく、身近な交通機関を試したかったらしい。H君は副都心線が経由する池袋に住んでいるし、N君は副都心線が乗り入れる東武東上線の朝霞に住んでいる。理由はともかく、東京に近いと同行してくれる仲間を募りやすい。一人旅も好きだけど、話し相手がいる旅も良いものだ。

今回は副都心線が主な目的だ。しかし、それだけでは面白くないので、そのまま相互乗り入れしている西武線に乗り、所沢のうどん屋に行く計画だった。H君がおススメの店である。ところがそのおススメのうどん屋さんが燃えてしまった。合流したN君にそれを言うと残念がった。地下鉄は景色が見えないし、今日の旅の半分はうどんが中心だ。

「こまるなあ、昼食の店選びはH君の担当なんだから」
「池袋の中華料理食べ放題の店にします。こちらもおススメです」


思い出の東急文化会館跡地。

ハチ公前交番の横のガードをくぐり、副都心線の渋谷駅へ歩く。地下鉄だからすぐに地下に降りてもいいけれど、地上から眺めたい。高架の銀座線の下、明治通りの地下に副都心線の渋谷駅がある。側に立っていた東急文化会館ビルは取り壊され、地下鉄工事の拠点となった。

東急沿線に住んでいた私にとって、東急文化会館の映画館や三省堂書店、プラネタリウムには思い出が多い。現在は新しい東急のビル建設工事が始まっている。地上33階建ての新ビルには、デパートや劇場、オフィスなどが入るという。このビルが完成した後、東急東横線も地下化されて副都心線に乗り入れる。そして現在の東横線渋谷駅と東急東横店が解体され、新たな東急デパートが建てられる。昭和の高度成長時代の雰囲気を残す渋谷の街が、いよいよ平成の街に生まれ変わろうとしていた。

橋上の連絡通路から副都心線の渋谷駅へはエレベーターで降りられる。しかしなかなか来ないので、私たちは隣の階段を下りた。「改札階まで100段あります」という貼り紙を見つけた。100段と聞くとすごい数だと思うけれど、降りていく分には楽なもので、改札階にはすぐに着いた。

副都心線の渋谷駅は、建築家の安藤忠雄氏が設計した。コンセプトは「地宙船」だ。広大な地中を行く船の意味である。コンコースは大きな葉巻型の殻に包まれており、その下にホームがある。私たちはすぐに改札に入らず、まずは地宙船の外側をぐるりと歩いた。開業してまだ1ヶ月の新しい通路を、すでに日常の場所として行き交う人々がいる。周囲を珍しそうに検分する私たちは、地宙人の流れに戸惑う地上人だ。


地宙船の断面図。自然換気システムを採用している。

明治通り直下の副都心線は、宮益坂直下の半蔵門線、田園都市線の渋谷駅と交差している。この乗り換えはかなり楽で、人の流れを大きく変えそうだ。今までは田園都市線や半蔵門線沿線から新宿へ行こうとすると、地下3階から地上2階の山手線へ、迷路のような通路を経由した。それが副都心線の開通で、2階下へ降りるだけで済む。渋谷から新宿まではJRが150円、副都心線が160円と10円高い。副都心線は新宿駅を経由せず、新宿三丁目で丸の内線に乗り換える必要がある。それでも地上の混雑を回避するために、副都心線を利用する人は多いだろう。これで東横線が乗り入れを始めたら、渋谷駅の地上は閑散としそうである。


コンコースは広い。宇宙船の司令室のようだ。

地上人御一行様はようやく改札口を通過した。しかしすぐに電車に乗らない。ホーム階にも見所は多いのだ。まずは中央の未使用の線路。副都心線の渋谷駅は島式ホームが2本、線路が4本、ホームの長さは10両編成に対応する大きな駅である。その4本の線路のうち、内側の2本はまだ使われていない。ここは将来、東横線が乗り入れたときに稼働する線路である。したがって、二つのホームの間は3箇所に橋がかけられ、ひとつの大きな島式ホームになっている。仮設のはずだが、4年間も使うからしっかりとした造りになっていた。


渋谷駅の南端。


地宙船の模型がある。

次に南端に行く。線路の端である。しかしそこは4年後に東横線のトンネルが開通する予定である。実はもう向こう側のトンネルはできていて、コンクリートブロックで塞がれた状態になっている。線路を渡る橋と同様に、この壁も4年間限定の構造物である。今しか見られないものだから、きちんと見ておきたい。そして今度は端から端まで歩き、新宿側の仮設橋の上に立つ。ここは発着する電車を眺めるには絶好の場所だ。真正面に複線の線路が延びている。向こうから来た電車が右へ左へと分かれて駅に進入する。そして左右から次々に発車していく。ポイントを渡る列車がヘビのようにくねくねしていく。その姿は鉄道ファンでなくても面白いと思う。現にここに立って電車を眺める人は多い。H君もN君も呆けた表情で眺めている。N君はカメラを構えていた。


中央の線路2本は未使用。ホームをつなぐ橋がある。

地宙船の見物に満足したので、ようやく電車に乗る。各駅停車にするか急行にするか、二人の意見を聞くと、「どっちでもいい」という。私の主導権を認めてくれたようだ。私だってどっちでもいいのだが、今回は急行に乗りたい。各駅停車と急行の所要時間の差はわずか6分しかない。だからどっちでもいいのだ。しかし、地下駅を次々に通過する眺めは爽快だし、なによりも腹が減ってきた。中華料理の食べ放題が楽しみだ。一刻も早く池袋に行きたい。私たちは銀色に青い帯を巻いた電車に乗り込んだ。

「渋谷に西部の電車が来るなんて」とN君がつぶやく。東急と西武は伊豆の観光開発などで激しく競争した間柄である。渋谷にも西武デパートがあり、商圏を争った。東急の本拠地に、ついに西武の電車が乗り入れたのである。しかも4年後にはお互いの線路を仲良く走る間柄になるのだ。それは鉄道ファンでなくても感慨深いことである。


新宿方面を見る。ここは電車見物の名所になった。


-
…つづく


第249回~ の行程図
2008-249koutei.jpg