■新・汽車旅日記~平成ニッポン、いい日々旅立ち


杉山淳一
(すぎやま・じゅんいち)


1967年生まれ。東京出身。東急電鉄沿線在住。1996年よりフリーライターとしてIT、PCゲーム、Eスポーツ方面で活動。現在はほぼ鉄道専門。Webメディア連載「鉄道ニュース週報(マイナビ)」「週刊鉄道経済(ITmedia)」「この鉄道がすごい(文春オンライン)」「月刊乗り鉄話題(ねとらぼ)」などWebメディアに多数執筆。「鉄旅オブザイヤー」最終選考委員。




第1回~第50回まで

第51回~第100回まで

第101回~第150回まで

第151回~第200回まで

第201回:ややこしいきっぷ
-長崎編・序1-
第202回:三重県の百代目
-のぞみ19号・近鉄名古屋線-

第203回:大和路を北へ
-近鉄橿原線-

第204回:塔のある街
-近鉄京都線-

第205回:京都駅発周遊コース
-京都市営バス・阪急京都線-

第207回:嵐山のターミナル
-京福電鉄嵐山線-

第208回:室町時代を通過する
-京福電鉄北野線-

第209回:東風吹けど……
-京福電鉄嵐山本線-

第210回:2日ぶりのベッド
-寝台特急あかつき・前編-
第211回:朝日が射す部屋
-寝台特急あかつき・後編-

第212回:干拓の風景
-島原鉄道 前編-

第213回:神話が生まれるとき
-島原鉄道 中編-

第214回:とかげのしっぽ
-島原鉄道 後編-

第215回:がしんたれ
-島原鉄道・島鉄バス-

第216回:爆心地
-長崎電気軌道1-

第217回:片道だけの3号系統
-長崎電気軌道2-

第218回:路地裏の展望台
-長崎電気軌道3-

第219回:丘を越えて海へ
-長崎本線(旧線)-

第220回:バブル経済の功績
-大村線-

第221回:大きな窓と開く窓
-JR佐世保線・松浦鉄道-

第222回:歌姫にさよならを
-筑肥線・非電化区間-

第223回:佐賀県縦断
-唐津線-

第224回:虹ノ松原
-筑肥線・電化区間-

第225回:不振路線の夢
-福岡市営地下鉄七隈線-

第226回:紅葉さがし
-御岳ケーブルカー-

第227回:青梅~登戸~伊勢原
-南武線・小田急線-

第228回:自分の杖で進め
-大山ケーブルカ-

第229回:ミステリー列車にようこそ
-快速むさしの2号-

第230回:懐かしの信州路
-長野新幹線ー

第231回:みんなロマンスカーが大好き
-長野電鉄長野線ー

第232回:白銀の道
-長野電鉄長野線2ー

第233回:長野電鉄沿線散歩
-湯田中・小布施ー

第234回:みどころ、すべて通過
-長野電鉄屋代線ー

第235回:普段着で温泉へ
-福島交通飯坂線1ー

第236回:幻の駅を探して
-福島交通飯坂線2ー

第237回:苦心のキャッチフレーズ
-阿武隈急行1ー

第238回:転車台と城跡とロケット
-阿武隈急行2ー

第239回:空と大地の間
-仙台空港鉄道ー

第240回:ひとりだけ、わがまま
-地下鉄谷町線 東梅田~大日ー

第241回:太陽の塔に出迎えられて
-大阪モノレールー



■連載完了コラム
感性工学的テキスト商品学
~書き言葉のマーケティング
 
[全24回] 
デジタル時事放談
~コンピュータ社会の理想と現実
 
[全15回]

■著書

『知れば知るほど面白い鉄道雑学157』
杉山 淳一 著(リイド文庫)


■更新予定日:毎週木曜日

 
第242回:期間限定・町の芸術 -日暮里駅ー

更新日2008/05/22


今日の旅は久しぶりに都内である。そして連れがいる。仕事仲間のH君である。Hはイニシャルであって変態という意味ではない。当人は私より少々年下で、私よりかなり大食いの好ましい青年である。仕事の合間に私が次の旅の話をして、沿線に焼肉食べ放題の店があると言ったら付いてきた。先日が誕生日だったと言うから、こちらとしてはご馳走しなくてはいけない気分である。でも食べ放題だから安心だ。

日暮里駅には久しぶりに訪れた。食い道楽の仲間たちと駄菓子問屋を巡り、羽二重団子を食し、名前は忘れたが有名パティシエの店でケーキを買って墓場で食べて、駅前の馬賊という中華屋で刀削麺を食べて解散した。あれからもう5年は経っていると思う。その日暮里駅は現在大改装中である。山手線のホームの案内によると、日暮里舎人ライナーは北口とのことである。階段で跨線橋を上がると細い通路で、窓から三角屋根の橋上駅舎が見えた。あの時、待ち合わせをした場所だった。


日暮里駅の修悦体。

北口には小さな改札口があったが、そこは京成電車の乗り換え口だった。京成日暮里駅も改装工事中である。成田新線の開業に備えて下り線を高架化し、スカイライナー専用ホームを造るそうだ。JRの北口はどこかと振り返れば大きなコンコースが口を開けている。通路の要所に道案内の表記があって、実はこれが日暮里駅の名物『修悦体』である。ガムテープやビニールテープを縦横に貼り、カッターで削って文字を作ってある。独特な癖のある文字で、しかし妙に読みやすい。工事現場の警備員、佐藤修悦氏が作り、その名を取って修悦体と名付けられた。

この文字の発祥は新宿駅の改装工事だった。埼京線と湘南新宿ラインの配線を入れ替え、甲州街道を掛け替えるという大規模なものだった。工事の進捗によって通路が変化する。そのたびに乗客を誘導する必要があり、現場の壁にテープで文字と矢印を書いたそうだ。その文字の面白さに注目した人々がプログに掲載するなどして話題となり、ネットのクチコミで広まった。テレビでも何度か紹介され、個展も開催され、CDのジャケットにも起用された。職人の技が芸術になった。しかし、案内表記は用が済めば要らなくなる。工事の終了と共に修悦体は撤去された。春の桜や夏の世の花火に似た儚さも人々を惹き付けたのではないか。現場にはなくなったけれど、インターネットの空間で写真が残った。


英文字表記もあった。国際空港からのお客に配慮したらしい。

その伝説のアート、修悦体が再び作られ始めた。芸術として復活したというような大仰なことではない。佐藤修悦氏が次の現場に派遣されただけだ。それが日暮里駅だった。そんな話をH氏に聞かせつつ、ひとつひとつの案内板を眺め、写真を撮った。文字単体では解りにくくても、単語を形成すると読み取れる。不思議な書体である。象形文字のようで偏と旁のバランスが妙だが、遠くからでも認識できる。

メディアは、「佐藤修悦氏の新たな作品作り」とはやし立てるけれど、きっと本人は純粋に案内表記を作っているに過ぎないのだろう。ただ、この文字を使いたいために、彼の会社に発注が来たとしたら、彼にとっては芸術家扱いされるより喜ばしいことに違いない。日暮里駅の工事が終わったら、ここの修悦体も消滅である。神出鬼没の街のアート。次はどこに現れるか。それはちょっと楽しみだ。


飛行機? 文字だけではなくマーク作りへと進化しつつある。

さて、今日の旅の目的は『日暮里・舎人ライナー』である。新しくなった日暮里駅の橋上駅舎から、そのまま乗り場に行けるようだ。しかし私たちは地上に降りた。駅前に新築されたビルに駄菓子屋が入っている。そこへ行ってみようとH君に持ちかけた。別段、鉄道好きではない連れを気遣ってのことである。かつて駄菓子問屋街だった場所が再開発されたため、立ち退いた店が新しいビルに入った。『日暮里・舎人ライナー』の開業はテレビや雑誌でずいぶん紹介されたから、そんな沿線の情報も耳に入ってくる。焼き肉屋もその情報のひとつである。

確かに駅前のビルに駄菓子屋はあった。しかし残念ながら月曜は定休日だった。メディアの情報はいつも半端だ。あるいは見ている側が流れていく情報をしっかり心に留めていないせいか。駄菓子屋の奥にはミニカー専門店があった。開店を祝う花が並び、ガラスの扉の向こうで店員たちが並び朝礼をしていた。興味深いが開店までは間があるらしい。日暮里駅探索は切り上げたほうが良さそうだ。私は申し訳なく思い、「焼肉食べ放題屋も休みだったら悪いね」とこぼした。しかしH氏は、「いえ、年中無休ってグルメサイトに書いてありましたよ」と即答した。彼の"食"への情熱を垣間見た気がする。


様変わりした日暮里駅前。


駄菓子屋は休み。覗くと仕入れた菓子が山積み。
繁盛しているらしい。

ビルの中二階から『日暮里・舎人ライナー』の駅に通じていた。渡り廊下から見上げると列車が停まっていた。新交通システムの特長でもある小さな車体で、デザインは銀色で直線的。最近は何でも丸っこいデザインにしてしまうけれど、こちらは少々無骨である。クッキーの缶に窓を付けたような箱が並んでいる。「かわいいですねぇ」とH君が声を上げた。たしかに遊園地の豆汽車に通じる姿だ。私は乗り物はすべてアトラクションだと思っている。彼にもそんな気分が湧いてきたようである。もっとも、彼にとっては何もかもが焼肉の前座かもしれない。

開業ブームは去り、平日の昼前のせいもあって、私たち以外に掃除のオジサンしかいない。自動販売機で700円の『都営1日乗車券』を買った。いよいよ『日暮里・舎人ライナー』の旅の始まりである。


オモチャのような電車を見上げる。

-…つづく

 

第242回~の行程図
2008-242koutei.jpg