のらり 大好評連載中   
 
■店主の分け前~バーマンの心にうつりゆくよしなしごと

第267回:流行り歌に寄せて No.77 「北上夜曲」~昭和36年(1961年)

更新日2014/10/09

やはらかに柳あおめる
北上の岸辺目に見ゆ
泣けとごとくに

岩手県岩手郡岩手町の『弓弭(ゆはず)の泉』を水源とし、岩手県内を北から南へ流れ、最後は宮城県石巻市の海に注がれる北上川は、上記の通り、啄木に歌われたのを始め、いろいろな場面で名前が出てくる、最上川、阿武隈川などとともに東北を代表する河川である。濁らずに「きたかみ」と読ませる。

この『北上夜曲』は、長い間作詞・作曲者が分からないまま愛唱されてきたが、この曲が何人かによってレコーディングされた昭和36年、ようやく作者が名乗り出る。

作詞の菊地規(のりみ)は、岩手県江刺市(現在の奥州市江刺区)出身、作曲の安藤睦夫は、岩手県種市町出身である。彼らが名乗りを上げる丁度20年前の昭和16年、当時、旧制水沢農学校生で18歳であった菊地から詞を受けた、当時、旧制八戸中学生で17歳の安藤が曲をつける。菊地が、「北上川のささやき~今はなき可憐な乙女に捧げるうた」と題した歌詞だった。

日中戦争から太平洋戦争へと向かう、いわゆる暗い時代に、しかも十代の青年たちによって作られた歌ということで、それが判明した当時は大きな話題になったという。

いろいろな人が歌い繋いでいったために、いろいろな歌詞が存在し、オリジナルははっきり分からないが、下に記したのはマヒナスターズと多摩幸子の録音版ではなく、北上市の川の流域に建てられた歌碑に刻まれた詞である。

「北上夜曲」 菊地規:作詞 安藤睦夫:作曲 和田弘とマヒナスターズ&多摩幸子:歌  
1.
匂いやさしい白百合の
 
濡れているよなあの瞳
  
想い出すのは 想い出すのは
 
北上河原の月の夜

2.
宵の灯ともしびともすころ
  
心ほのかな初恋を
  
想い出すのは 想い出すのは
  
北上河原のせせらぎよ

3.
銀河の流れ仰ぎつつ
  
星を数えたきみと僕
  
想い出すのは 想い出すのは
  
北上河原の星の夜

4.
雪のチラチラ降る宵に
  
きみは楽しい天国へ
  
想い出すのは 想い出すのは
  
北上河原の雪の夜  

5.
僕は生きるぞ 生きるんだ
  
きみの面影胸にひめ
  
想い出すのは 想い出すのは
  
北上河原の初恋よ


和田弘とマヒナスターズには第2回レコード大賞を受賞した、松尾和子との『誰よりも君を愛す』、同じく松尾との『お座敷小唄』を始め、吉永小百合との『寒い朝』、田代美代子との『愛して愛しちゃったのよ』など、女性歌手を迎えて歌うものが多い。

そんな中で、私は個人的にこの『北上夜曲』が最もマヒナらしさがよく引き出された曲だと思っている。いわゆる2トップ・ヴォーカルの三原さと志と松平直樹が良い形でパートを分け、佐々木敢一のファルセットが心地よく絡んでいく。多摩幸子(ゆきこ)の、清廉ながら少し甘ったるく引きずる歌声も、独特な雰囲気を醸し出している気がする。

多摩幸子。前回の牧村旬子と同様、その後、大きな活躍の場を持たない歌手ではある。『星の流れに』『岸壁の母』を歌った、昭和を代表する歌手の一人、菊池章子の実妹である。大正13年生まれの菊地に対し、多摩は昭和16年に生まれ、姉妹でも17歳年が離れている。(因みに多摩の生まれ年は、『北上夜曲』の作られた年に当たる。)

芸能界のデビューも20年近く早い姉の菊地は、その世界の酸いも甘いも噛み分けていたはずで、多摩のマヒナとの共演が決まった際、「マヒナの方々はもてるから気をつけなさい」とひと言助言したとのこと。ファンを敵に回すのは御法度であると、身に染みて感じていた姉としての言葉だったのだろう。

多摩は3年前の平成23年、東日本大震災による福島第一原子力発電所の事故で、省エネ対策が必要になったため、本来、東京・渋谷のNHKホールで開催されるはずが、急遽NHK大阪ホールに場所を移した『NHK思い出のメロディー』で、『北上夜曲』を歌い、マヒナとの久し振りの共演を果たした。レコード吹き込みからまる50年後のことで、すでに吹き込み当時のリーダー和田弘と、ヴォーカル三原さと志は故人となっており、同席することは叶わなかった。

-…つづく

 

 

第268回:流行り歌に寄せて No.78 「山のロザリア」~昭和36年(1961年)

このコラムの感想を書く

 


金井 和宏
(かない・かずひろ)
著者にメールを送る

1956年、長野県生まれ。74年愛知県の高校卒業後、上京。
99年4月のスコットランド旅行がきっかけとなり、同 年11月から、自由が丘でスコッチ・モルト・ウイスキーが中心の店「BAR Lismore
」を営んでいる。
Lis. master's voice


バックナンバー

第1回:I'm a “Barman”~
第50回:遠くへ行きたい
までのバックナンバー

第51回:お国言葉について ~
第100回:フラワー・オブ・スコットランドを聴いたことがありますか
までのバックナンバー

第101回:小田実さんを偲ぶ~
第150回:私の蘇格蘭紀行(11)
までのバックナンバー


第151回:私の蘇格蘭紀行(12)
第200回:流行り歌に寄せてNo.12
までのバックナンバー


第201回:流行り歌に寄せてNo.13
第250回:流行り歌に寄せて No.60
までのバックナンバー


第251回:流行り歌に寄せて No.61
「南国土佐を後にして」~昭和34年(1959年)

第252回:流行り歌に寄せて No.62
「東京ナイト・クラブ」~昭和34年(1959年)

第253回:流行り歌に寄せて No.63
「黒い花びら」~昭和34年(1959年)

第254回:流行り歌に寄せて No.64
「ギターを持った渡り鳥」~昭和34年(1959年)

第255回:流行り歌に寄せて No.65
「アカシアの雨がやむとき」~昭和35年(1960年)

第256回:流行り歌に寄せて No.66
「潮来花嫁さん」~昭和35年(1960年)

第257回:流行り歌に寄せて No.67
「雨に咲く花」~昭和35年(1960年)

第258回:流行り歌に寄せて No.68
「霧笛が俺を呼んでいる」~昭和35年(1960年)

第259回:流行り歌に寄せて No.69
「潮来笠」~昭和35年(1960年)

第260回:流行り歌に寄せて No.70
「再会」~昭和35年(1960年)

第261回:流行り歌に寄せて No.71
「達者でナ」~昭和35年(1960年)

第262回:流行り歌に寄せて No.72
「有難や節」~昭和35年(1960年)

第263回:流行り歌に寄せて No.73
「硝子のジョニー」~昭和36年(1961年)

第264回:流行り歌に寄せて No.74
「東京ドドンパ娘」~昭和36年(1961年)

第265回:流行り歌に寄せて No.75
「おひまなら来てね」~昭和36年(1961年)

第266回:流行り歌に寄せて No.76
「銀座の恋の物語」~昭和36年(1961年)


■更新予定日:隔週木曜日



  TOP-トップページ》 《コラム一覧 》 《のらりインタビュー》 《コラム・バックナンバー
……………………………………現在連載コラム……………………………………
新・汽車旅日記 】 【店主の分け前 】 【イビサ物語
 【亜米利加よもやま通信 】 【ギュスターヴ・ドレとの対話 】 【よりみち
………………………………掲載完了イチオシコラム………………………………
[拳銃家業 ] [貿易風の吹く島から ] [ くらり、スペイン ] [グレートプレーンズのそよ風 ]  
  [フロンティア時代のアンチヒーローたち ]

    

このサイトに関するご意見・ご感想・お問い合わせはこちらまで。
Copyrights 2019 Norari