のらり 大好評連載中   
 
■店主の分け前~バーマンの心にうつりゆくよしなしごと

第260回:流行り歌に寄せて No.70 「再会」~昭和35年(1960年)

更新日2014/06/19

何回か前にご紹介した『東京ナイトクラブ』はフランク永井と、同じレコードのもう片面の『グッド・ナイト』は和田弘とマヒナスターズと共演した松尾和子。その後のマヒナとの『誰よりも君を愛す』では、昭和35年、第2回日本レコード大賞を受賞している。

その彼女が、ソロ歌手としてデビューした曲が、今回の『再会』である。妖艶そのもの、大人の女の雰囲気が匂い立つような歌唱だが、まだ25歳になって間もなくだというのだから、戸惑ってしまう。25歳と言えば、先日無事AKB48を卒業した大島優子の年齢である。

再三繰り返すが、今の人に比べて、昔の人は大人になるのが相当早かったのだろう。

「再会」 佐伯孝夫:作詞 吉田正:作曲 松尾和子:歌  
1.
逢えなくなって 初めて知った

海より深い恋ごころ

こんなにあなたを 愛してるなんて

あぁあぁ 鴎にも わかりはしない

2.
みんなは悪い ひとだというが

わたしにゃいつも いいひとだった

小っちゃな青空 監獄の壁を

あぁあぁ みつめつつ 泣いてるあなた

3.
仲よく二人 泳いだ海へ

ひとりで今日は 来たわたし

再び逢える日 指折り数える

あぁあぁ 指さきに 夕日が沈む


この曲の詞の内容は、かなり重いものがある。おそらく彼女が好きになったのはヤクザの男性。傷害事件か何かで服役中の彼への思いを歌ったものだろう。

そう考えながら3番の詞を読むと、泳いでいる男の裸の上半身にはきっと彫り物が施され、色気のある水着を着た女との絡みの情景は、恐ろしく官能的である。

私は、彫り物を入れる理由も勇気もまったく持ってはいないが、こういう曲を聴くと、なぜかあの背中一面の色彩感に憧れてしまうところがある。心の深いところに小さく隠れている男の生理的な火種に、一瞬ボッと火が付く感じなのだ。

前回の『潮来笠』などの股旅シリーズ、『東京ナイトクラブ』『再会』などの大人の雰囲気を前面に押し出したもの、かと思えば『寒い朝』『いつでも夢を』と言った爽やかな青春歌謡。佐伯、吉田コンビの作り出す歌の世界は、実に幅が広い。

『再会』から11年の昭和46年、このコンビが再び女盛りの松尾と組み、満願成就、彼の出所の日の朝を歌った曲を世に出した。タイトルは『再会の朝』、いわゆる続編ソングで、続編ソングの宿命の如くほとんど売れなかったようである。私はこの曲のことを今回まで知らなかった。

1.
指折りかぞえ また逢える日を

涙こらえて 待ってた私

ようやく鉄の 扉があいて

出られたあなた いい人あなた

泣いたりしない

2.
乱れた髪を どうやらまとめ

ひとりで私 迎えに来たの

あなたの襟の ちっちゃなチリを

つまんだ指も いつもの指よ

ふるえているの

3.
朝霧晴れて 呼んでる並木

喜ぶように かがやく緑

ゆっくり話し いたわりながら

あなたにすがり 強く生きたい

これからの二人


単純に計算すれば、懲役11年の刑だったことになる。単に傷害罪だけでは刑期が長すぎる。あるいはもっと重大なことをしていたのか。

25歳だった彼女は36歳、それだけひたすら待ち続けて、これから二人の人生をやり直すことになるが、やはり多難な道のりになることは間違いない。

それを覚悟しながら生きることができる、やはり女性は強いのだなあと感じてしまう。男が夢見る「待つ女」を描いた、飽くまでも歌の世界のことなのだが、逆の立場の歌は、決して生まれはしないだろう。

さらにもう少し考えを進めると、映画『幸せの黄色いハンカチ』と同様、待つ女たちにとって再会を果たしたその日こそが、彼女たちの人生の中で最高の日なのかも分からない、そんなふうに思ってしまった。

-…つづく

 

 

第261回:流行り歌に寄せて No.71 「達者でナ」~昭和35年(1960年)

このコラムの感想を書く

 


金井 和宏
(かない・かずひろ)
著者にメールを送る

1956年、長野県生まれ。74年愛知県の高校卒業後、上京。
99年4月のスコットランド旅行がきっかけとなり、同 年11月から、自由が丘でスコッチ・モルト・ウイスキーが中心の店「BAR Lismore
」を営んでいる。
Lis. master's voice


バックナンバー

第1回:I'm a “Barman”~
第50回:遠くへ行きたい
までのバックナンバー

第51回:お国言葉について ~
第100回:フラワー・オブ・スコットランドを聴いたことがありますか
までのバックナンバー

第101回:小田実さんを偲ぶ~
第150回:私の蘇格蘭紀行(11)
までのバックナンバー


第151回:私の蘇格蘭紀行(12)
第200回:流行り歌に寄せてNo.12
までのバックナンバー


第201回:流行り歌に寄せてNo.13
第250回:流行り歌に寄せて No.60
までのバックナンバー


第251回:流行り歌に寄せて No.61
「南国土佐を後にして」~昭和34年(1959年)

第252回:流行り歌に寄せて No.62
「東京ナイト・クラブ」~昭和34年(1959年)

第253回:流行り歌に寄せて No.63
「黒い花びら」~昭和34年(1959年)

第254回:流行り歌に寄せて No.64
「ギターを持った渡り鳥」~昭和34年(1959年)

第255回:流行り歌に寄せて No.65
「アカシアの雨がやむとき」~昭和35年(1960年)

第256回:流行り歌に寄せて No.66
「潮来花嫁さん」~昭和35年(1960年)

第257回:流行り歌に寄せて No.67
「雨に咲く花」~昭和35年(1960年)

第258回:流行り歌に寄せて No.68
「霧笛が俺を呼んでいる」~昭和35年(1960年)

第259回:流行り歌に寄せて No.69
「潮来笠」~昭和35年(1960年)


■更新予定日:隔週木曜日



  TOP-トップページ》 《コラム一覧 》 《のらりインタビュー》 《コラム・バックナンバー
……………………………………現在連載コラム……………………………………
新・汽車旅日記 】 【店主の分け前 】 【イビサ物語
 【亜米利加よもやま通信 】 【ギュスターヴ・ドレとの対話 】 【よりみち
………………………………掲載完了イチオシコラム………………………………
[拳銃家業 ] [貿易風の吹く島から ] [ くらり、スペイン ] [グレートプレーンズのそよ風 ]  
  [フロンティア時代のアンチヒーローたち ]

    

このサイトに関するご意見・ご感想・お問い合わせはこちらまで。
Copyrights 2019 Norari