■感性工学的テキスト商品学~書き言葉のマーケティング

杉山淳一
(すぎやま・じゅんいち)


1967年生まれ。信州大学経済学部卒業。株式会社アスキーにて7年間に渡りコンピュータ雑誌の広告営業を担当した後、'96年よりフリーライターとなる。PCゲーム、オンラインソフトの評価、大手PCメーカーのカタログ等で活躍中。

第1回:感性工学とテキスト
第2回:英語教育が壊した日本語
第3回:聞くリズム、読むリズム
第4回:話し言葉を追放せよ
第5回:読点の戦略
第6回:漢字とカタカナの落とし穴
第7回: カッコわるい
第8回: 文末に変化を
第9回: "冗長表現"が文章を殺す
第10回:さらば、冗長表現
第11回:個性なんかイラナイ!

■更新予定日:隔週木曜日

 

第8回: 文末に変化を

更新日2002/06/13


日本語論文の書きかたは、大きく分けてふたつです。ひとつは丁寧調です。これは "です" 、 "ます" で終わる文体です。もうひとつは断定調です。これは"だ" 、 "である" で終わる文体です。通常はどちらかひとつの文体を使うきまりです。論文を書くときは、文体が混ざらないように気を付けるべきです。そうすれば、整った文章になるはずです。

……そうでしょうか?
もう一度、の文章を読み返してみてください。なんだか単調で、訴えたいことが伝わってこない感じがしませんか? 私にはひどく退屈な文章に思えます。平板でつまらない。いえ、ハッキリ言うと "頭の悪そうな人が書いた文章" です。では、書きなおしてみましょう。


日本語論文は、大きく分けてふたつの書き方があります。ひとつは丁寧調です。これは "です" 、 "ます" で終わる文体です。もうひとつは断定調で、 "だ" 、 "である" で終わる文体になります。通常はどちらかひとつの文体を使い続けます。論文を書くときは、文体が混ざらないように気を付けましょう。そうすれば、整った文章になるはず。

どうですか? のほうに親しみがわきませんか? 読み続けても疲れにくいと思いませんか?

の文章は、どちらも間違いではありません。しかし、の文章は、文の末尾がすべて "です" でおわっています。これに対して、の文章は末尾に変化があります。その結果、は単調で読み手が飽きやすい文章になってしまいました。

は文のひとつひとつを見ると散漫です。しかし、末尾を変化させたことで読み手のリズムをわざと崩し、 "~ましょう" という "誘いのメッセージ" を加えて、読者の関心を引き寄せています。例文はどちらも、丁寧調で統一されています。しかし、そのルールの中でさまざまな語尾を使い分けると、読者を飽きさせません。

詩の世界には、文頭や文末の音をそろえるというテクニックがあります。これを "韻を踏む" といいます。これは世界共通のテクニックのようで、日本語だけではなく、漢文、英文、仏文にも使われます。そもそも詩という分野が "韻文" です。

ところが、文章は "散文" と呼ばれるように、 "型" を与えないルールで作られます。の文は "です" という、丁寧調の弱い言葉を使ったため、気にならないかもしれません。しかしこれを断定調で書くと……。


日本語論文の書きかたは、大きく分けてふたつである。ひとつは丁寧調である。これは "です" 、 "ます" で終わる文体である。もうひとつは断定調である。これは "だ" 、 "である" で終わる文体である。通常はどちらかひとつの文体を使うきまりである。論文を書くときは、文体が混ざらないように気を付けるべきである。そうすれば、整った文章になるはずである。

なんといいますか、押しが強すぎますね。こんなに力強く主張する必要があるでしょうか。長大な論文は、その文字の羅列だけで読者を遠ざけます。しかも、読み始めから語尾がすべて同じとなると、すぐに飽きてしまいます。

「きっとこの人は語彙が少ないだろうな」「賢そうな文章ではないようだ」「読んでいくうちに苦痛になるに違いない」。そんな印象をもたれてしまうと、どんなに優れた論文も評価されません。

読者を引きつけ、飽きさせないために、語尾を変化させて "リズムを崩す" というテクニックを使ってください。ときどき "ですね" と同意を求め、 "ですか?" と問いかけ、 "しましょう" と誘うなど、読者の心情に訴える言葉を散らしてみましょう。あなたの言葉は読者の目からハートへ、するりと流れていくはずです。

 

→ 第9回: "冗長表現"が文章を殺す

 

 
 TOP-トップページ》 《コラム一覧 》 《のらりインタビュー》 コラム・バックナンバー
……………………………………現在連載コラム……………………………………
新・汽車旅日記 】 【店主の分け前 】 【イビサ物語
亜米利加よもやま通信 】 【ギュスターヴ・ドレとの対話 】 【よりみち
………………………………掲載完了イチオシコラム………………………………
  [拳銃家業 ] [貿易風の吹く島から ] [くらり、スペイン ] [グレートプレーンズのそよ風 ]
[フロンティア時代のアンチヒーローたち ]

   
このサイトに関するご意見・ご感想・お問い合わせはこちらまで。

Copyrights 2019 Norari