■生き物進化中〜カッパのニューヨーク万華鏡日記

原園 綾
(はらぞの・あや)


1967年生まれ。世田谷区立赤堤小卒。ニューヨーク在住。大きくなったら何になろうかな?


第1回:帰り道はセントラルパークを抜けて
第2回:カッパ、アートの現場すきやねん。
第3回:ダンス三昧の夏、NYの夏
第4回:カリフォルニア温泉ぶらり旅
第5回:カッパ夏休みボケ克服の巻
第6回:いろんなお鼻そろってまーす
最終回:カッパ、師走だ走れ!


 
第1回:帰り道はセントラルパークを抜けて

更新日2002/06/13


期末試験を終え、解放感に浸りながら大学から、セントラル・パークを抜けて家に帰る道のりは、なかなかの散歩道。セントラルパークを挟んで東側がイースト・サイド、西側がウェスト・サイド。大学のあるイースト・サイドから、かのニューヨークの象徴パンナム・ビル改めメットライフ・ビルがドーンと突き当たりに見えるパーク・アヴェニュー、そして、ブランド店の並ぶマジソン・アヴェニューを横切り、五番街を渡れば、セントラル・パーク。

公園を横切れば自宅のあるウェストサイドへ。いつもは余裕がなくてバスでサーッと、しかもほぼトンネル状態を、通過してしまう通学路もこうして歩くと季節を感じて、日々がさつな面が鼻につくニューヨークを改めて見直すゆとりがでたり。

◇◇◇◇◇

夏はセントラル・パーク内でオペラ、ロック、ジャズ、バレエ、演劇など公演が始まりまーす。屋外ステージもシーズンを目前にお掃除が入ってます。うふふ、今年は何を見に行こうかな? 

去年はオペラやアラブ系ポップスのコンサートとか行ったけど、今年はクロノス・カルテットが楽しみ。

パリのリュクサンブール公園を彷彿させるベンチの並ぶ広い並木道では、スケボー・キッズがガリガリガーッ。でもそんなに迫力ないなー。ぶらぶらぶらり。

おーっ、あそに銀に輝く木が1本。あれがホイットニー美術館でやっている「ビエンナーレ」の屋外作品だ。2年に1回行われる現代アメリカ・アートの祭典。セントラル・パークが初めてパブリック・アート作品を設置と、ニュースにもなっていた。

ピカピカで結構きれい。実物大でリアルな木、だけどメタル。葉のないシルバーの木は、緑で繁々している初夏の木々のなかで対照的で目立つんだけど、私だったら冬の枯れ木の中にもっと密かにたたずませたいなあ。

けれど、よく考えたら3月から設置されていたので、その頃は周りの木にも葉っぱがなく、大分雰囲気が違ったはず。冬っぽい風景から初夏の風景まで、季節の移り変わりのなかで、作品自体も移り変わっていたのですね。もっと早く見ておけばよかった。

大学での夏休みは約3ヶ月余り。来学期の授業の計画を練るため、ある先生に質問のメールを送ったら、「今、エチオピアのアジスアベバでメールを見ました。明日、奥地のフィールド入りで、今日を逃すと丸3ヶ月連絡不可能になります。」と、ギリギリのタイミングで返事もらえました。その先生はマントヒヒの生態研究者。夏の3ヶ月間、いろんな過ごし方があるもんだ。

私はアート・マネージメントとフランス語の夏期講習に1ヶ月半ほど通います。せっかくニューヨークにいるので、久しぶりにアートの現場を垣間見ようと、ダンス公演やバレエ団の運営についてのコースを取ってます。

あとは日頃から積もり積もった「つんどく(って死語?)」本棚を消化したーい。それと運動しよう! 私のゆたかなたるんだお腹は、友人曰く「これ以上は禁区よ!」らしいでしゅ。

 

→ 第2回:カッパ、アートの現場すきやねん。

 

TOP-トップページ》 《コラム一覧 》 《のらりインタビュー》 コラム・バックナンバー
……………………………………現在連載コラム……………………………………
新・汽車旅日記 】 【店主の分け前 】 【フロンティア時代のアンチヒーローたち Part5
亜米利加よもやま通信 】 【現代語訳『枕草子』 】 【よりみち
………………………………掲載完了イチオシコラム………………………………
  [拳銃家業 ] [貿易風の吹く島から ] [くらり、スペイン ] [グレートプレーンズのそよ風 ]
[岩の記憶、風の夢 ] [フロンティア時代のアンチヒーローたち ] [随想『奥の細道』という試み ]

   
このサイトに関するご意見・ご感想・お問い合わせはこちらまで。

Copyrights 2016 Norari